Navigation

スイス、税関業務を完全デジタル化へ

国境警備隊、税関職員の仕事量は増えている © Keystone / Francesca Agosta

スイスは国境警備隊と税関業務のシステムを抜本的に見直し、デジタル技術に適応した組織に統一する。

このコンテンツは 2019/04/12 11:53
Keystone-SDA/jc

連邦政府は10日、連邦税関事務局他のサイトへ(FCA)を新たに連邦税関国境警備局とする計画を発表。「デジタル化がもたらすチャンスをつかみたい」と述べた。

政府はより柔軟で迅速なサービスの提供も目指す。政府は声明で 「例えば、人やモノの移動に関する状況が危機的になった場合、連邦税関事務局が当該地域に対し、これまで以上に注力できる」と述べた。

税関職員と国境警備隊職員は全員、商品や人、輸送車両をチェックする訓練を受ける。全員が同じ​​制服を着て武器を携帯する。武器は火器とは限らない。

今回の措置は、税関のデジタル化を目指す政府のDaziTトランスフォーメーションプログラム他のサイトへの一環。同プログラムで、通関手続きや関税徴収などが簡素化、統一化され、完全にデジタル移行する。

政府は2017年秋、同プログラムに約4億フラン(約440億円)の事業費を投じることで合意した。プログラムは2018年1月1日に始動し、2026年末に完了する。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。