スイスの男女格差は18位

男女格差のないパラダイス?アイスランドのレイキャビク Keystone / Brynjar Gauti

世界経済フォーラム(WEF)は17日、各国の男女格差を比べた最新の「ジェンダーギャップ指数」を発表した。スイスの順位は153カ国中18位で、前年の20位からわずかに上昇。世界的に格差是正は進んでいるが、ペースは遅いという。日本は121位。

このコンテンツは 2019/12/18 06:00
Keystone-SDA/dos

WEFはジュネーブに本部がある。

報告書によると、ジェンダーギャップの是正は進んでいるが、ペースは遅い。このままでは、男女格差が完全になくなるのに100年近くかかるという。2018年の調査では108年とされていた。

政治分野が、過去1年間で最も進歩した。ただ改善の余地が最も大きい部分でもある。

調査対象の153カ国をみると、女性国会議員(下院)の割合は全体の25.2%、大臣級は21.2%だった。

WEFによると、結果が芳しくないのは経済分野だ。マネジメント職における女性の比率は低く、急激に成長するクラウドコンピューティング、エンジニアリング、人工知能の分野でも女性の進出が比較的遅れているという。

「教育到達度」(学校教育・識字レベル)と「健康と生存」(出生時の性別の割合と平均寿命)で男女格差が最も小さかった。

外部リンクへ移動

スイスのランク

総合18位のスイスの状況も同様だ。「政治的エンパワーメント」は改善されたが(10月の総選挙で女性議員の比率が大幅に上昇)、政治はいまだ男女格差が最も顕著だ。

経済参加も芳しくない。幹部職・上級管理職における女性の割合は低かった。

教育と健康は男女でほぼ差がなかった。平均寿命は女性の方が大幅に上回った。

今年の上位国(表を参照)は、アイスランド、ノルウェー(前年と同じ)、フィンランド、スウェーデン、ニカラグアだった。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する