ナビゲーション

ナビゲーションへ

サブサイト

グローバルメニュー

増加に転じた地震回数 スイスでマグニチュード4.6の地震発生

オレンジ色の部分が震源地となったグラールス州付近

オレンジ色の部分が震源地となったグラールス州付近

(natural-hazards.ch)

スイス東部シュヴィーツ州で6日夜、マグニチュード(M)4.6の地震が発生した。今回の地震はここ数年で最大規模となった。

 連邦工科大学チューリヒ校のスイス地震サービス他のサイトへによると、地震が発生したのは6日21時12分ごろで、シュヴィーツ州クラウゼン峠から北東6キロの地点で観測された。震源地はグラールス州リンタールから西4キロの地点で、ドイツ語圏全域で地震の揺れを感じたという。今回の地震による大きな被害はないと見られている。

 今回の地震はここ数年で最大規模。昨年スイスで観測された有感地震は31件で、長年にわたる平均地震観測回数23件と比べると明らかに多発している。昨年10月24日にはヴァレー州ロイカーバートでマグニチュード(M)4.1の地震が発生している。当時、スイス地震学サービスは、このような規模の地震は1~3年ごとに起こるとしていた。

 下のビデオは、今回の地震の震源地となったグラールス州のようす。

Video Schweiz Tourismus

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

100年以上に渡って観測されている地震

 1878年、スイスでは世界初の地震観測の常設機関としてスイス地震委員会が設立され、その後、1914年に連邦当局がスイス地震サービスの運営を開始した。

スイスで地震の起こる可能性が最も高いところ(赤色)は、ヴァレー州とバーゼル州、ザンクト・ガレン州、さらにグラウビュンデン州だ

スイスで地震の起こる可能性が最も高いところ(赤色)は、ヴァレー州とバーゼル州、ザンクト・ガレン州、さらにグラウビュンデン州だ

(ETH Zurich)

 今日ではスイス国内の100地点で地震観測が行われている。観測開始から100年間で観測された地震は約1万3千100件。うち1600件が有感地震だった。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。


(独語からの翻訳・大野瑠衣子)

×