スイスの視点を10言語で

スイス・ローザンヌにIOCの新本部が完成

IOC
© Keystone / Jean-christophe Bott

スイス・ローザンヌにある国際オリンピック委員会(IOC)の新しい本部「オリンピック・ハウス」が完成し、23日に記念式典が行われた。建設費は1億5400万フラン(約160億円)。

IOC誕生125周年となった日に合わせて披露した。

オリンピック・ハウスは、レマン湖畔・ヴィディ地区にある市有地に建つ。2万2千平方メートルのガラス・スチール製の現代的な建物で、500人のスタッフを収容する。同じ敷地内には旧本部のシャトー・デ・ヴィディ外部リンクが建つ。

IOCのトーマス・バッハ外部リンク会長は式典で「まさにこの日、ピエール・ド・クーベルタンが国際オリンピック委員会を設立し、オリンピックを復興させた」と100年余にわたる歴史に触れ「クーベルタンは、(五輪を)国家と人々の平和を促進する方法だと考えていた」などと語った。

落成式にはスイスのウエリ・マウラー連邦大統領、IOCのメンバー、各国際機関の関係者、206カ国のIOC代表が出席した。

オリンピック・ハウスの設計はデンマークの建築事務所3XN外部リンクが手掛けた。アゴラ(集会所)のようなエントランスホール、スポーツイベントをテレビ観戦できるレストランとカフェ、5つの大会議室、オフィス、スポーツセンターを備える。また五輪の形に配置したらせん階段もある。

IOCは「世界で最も持続可能性のある建物の1つ外部リンク」と自負する。実際、この建物の持続可能性は高く評価され、スイス国内外で賞を受賞している。屋根にはソーラーパネルを設置し、水はレマン湖からポンプで引いている。

ローザンヌはオリンピックの首都

IOCは1915年4月10日、ピエール・ド・クーベルタンがローザンヌで設立。以来、オリンピックは運営費数十億ドル規模の大イベントに発展した。ローザンヌ市とIOCは、2115年までのリース契約を新しく結ぶことで合意。ローザンヌは、2020年冬季ユースオリンピックの開催地でもある。

IOCやスイス拠点の国際スポーツ連盟が地元経済にもたらす影響は大きい。IOCらが委託した過去の調査で、IOCや他の国際スポーツ連盟がスイスにもたらす経済効果は年間10億7千万フラン、ローザンヌ市だけで2億5千万フランに上ることが分かった。

IOCは24日に総会を開き、2026年冬季五輪の開催地にイタリア・ミラノとコルティナダンペッツォを選んだ。スイスのヴァレー(ヴァリス)州シオンも候補に挙がっていたが、住民投票で賛成が得られず、途中で断念した。

ニュース

スーツ姿の男性と女性

おすすめの記事

スイス公共放送協会、次期会長に初の女性トップ

このコンテンツが公開されたのは、 スイス公共放送協会(SRG SSR)は25日に開いた総会で、次期会長にドイツ語圏スイス公共放送(SRF)で文化部長を務めるジャーナリストのスザンネ・ヴィレ氏(50)を選出した。女性のトップ就任は初めて。

もっと読む スイス公共放送協会、次期会長に初の女性トップ
EPFL

おすすめの記事

スイス、国立大留学生の学費を3倍に引き上げへ 下院委員会が可決

このコンテンツが公開されたのは、 スイス下院委員会は連邦工科大学チューリヒ校(ETHZ)と同ローザンヌ校(EPFL)の留学生の学費をスイス人学生の3倍に引き上げる案を可決した。27日に始まる夏期本会議で審議する。

もっと読む スイス、国立大留学生の学費を3倍に引き上げへ 下院委員会が可決
チューリヒにある国際サッカー連盟(FIFA)の本部

おすすめの記事

FIFA、脱スイスに向け定款改正

このコンテンツが公開されたのは、 国際サッカー連盟(FIFA)は17日、本部をスイス・チューリヒ以外に移せるよう定款を改正した。

もっと読む FIFA、脱スイスに向け定款改正
眼下に広がる町と湖

おすすめの記事

ウクライナ平和サミットの舞台スイス・ビュルゲンシュトック 地元住民は離心

このコンテンツが公開されたのは、 6月15~16日に開催されるウクライナ平和サミットの舞台として、ルツェルン湖を望むホテル「ビュルゲンシュトック・リゾート」が注目を浴びている。かつては庶民も受け入れられる高級リゾートして地元に愛されていたが、近年は事情が違うようだ。

もっと読む ウクライナ平和サミットの舞台スイス・ビュルゲンシュトック 地元住民は離心
英語でスイスと書かれたステージでパフォーマンスをするノンバイナリー男性

おすすめの記事

ユーロビジョン、「ノンバイナリー」自認のスイス代表優勝 イスラエル参加に抗議も

このコンテンツが公開されたのは、 欧州国別対抗の音楽祭「ユーロビジョン・ソング・コンテスト」の決勝が11日、スウェーデン南部マルメで行われ、「ノンバイナリー」を自認するスイス代表のNemo(24)が優勝した。会場周辺ではイスラエル参加に対する大規模な抗議活動も行われた。

もっと読む ユーロビジョン、「ノンバイナリー」自認のスイス代表優勝 イスラエル参加に抗議も
ビクトリノックスのアーミーナイフ製造現場

おすすめの記事

ビクトリノックス、刃のないアーミーナイフを開発

このコンテンツが公開されたのは、 スイスアーミーナイフの製造で知られるビクトリノックス社は、世界で広まるナイフ規制強化の波に対応するため、刃のないモデルの開発に取り組んでいる。カール・エルズナー最高経営責任者(CEO)がスイス紙のインタビューで明かした。

もっと読む ビクトリノックス、刃のないアーミーナイフを開発
管制室

おすすめの記事

スイス飛行機事故、24%増 紛争地上空ではGPS妨害も

このコンテンツが公開されたのは、 スイス連邦運輸省民間航空局(BAZL/OFAC)が3日発表した2023年の航空安全報告書によると、民間・小型航空機の事故件数は9995件と、前年から24%増加した。

もっと読む スイス飛行機事故、24%増 紛争地上空ではGPS妨害も
裁判所のドア

おすすめの記事

「気候活動家への団結心」見せた判事、類似事件への関与禁止 スイス最高裁

このコンテンツが公開されたのは、 スイス連邦裁判所(最高裁)は先月26日、チューリヒ地方裁判所の判事の1人に対し、気候活動家に関する裁判への関与を禁じる判決を下した。この判事が過去の裁判で活動家への団結心を見せたとして、考え方に偏りがあると結論付けた。

もっと読む 「気候活動家への団結心」見せた判事、類似事件への関与禁止 スイス最高裁

swissinfo.chの記者との意見交換は、こちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部