Navigation

FIFA スイス当局に1300ページの内部調査報告書を提出

サッカーに焦点を当てたいとするFIFAのジャンニ・インファンティノ会長 Keystone

国際サッカー連盟(FIFA)は31日、複数の幹部が関与した汚職事件に関する報告書をスイスの検察当局に提出し、22カ月に及んだ内部調査を終了した。

このコンテンツは 2017/04/01 08:30
swissinfo.ch

FIFAは声明で、内部調査で250万以上の書類を精査し、2万ページ以上の証拠書類を添え、1300ページの報告書をスイス当局に提出したと発表した。

汚職スキャンダルで辞任に追い込まれたゼップ・ブラッター氏の後任として選出されたジャンニ・インファンティノ会長は、「FIFAは、世界中のファンと選手たちのために、今後はサッカーに焦点を戻す」と述べた。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。