コンサルタントの家計簿

スイスの異なる業界で働く3人に、1週間家計簿をつけてもらった。これを見ればスイス人がどれだけ稼ぎ、どのように支出しているか、スイスで暮らしていない人もイメージしやすくなるだろう。第3回はコンサルタントの女性、手取りは8195フラン(約91万8千円)。

このコンテンツは 2020/02/18 10:00

プロフィール

経営学学位を取得した女性コンサルタント、勤務時間はフルタイムの90%で手取りは8195フラン。給料には携帯電話の契約料50フランも含まれる。公共交通機関の運賃が半額になる半額カードも会社負担。

End of insertion
swissinfo.ch

月曜日

私はサービス業に勤務しています。従業員12人の小さな会社で、色々な企業を相手に働いています。月曜は顧客や採用、社内プロジェクトに関する社内会議のため、いつも自社に集まります。今週は正午にかけて私が参加した研修について報告し、最後に同僚が自分で採ったキノコのリゾットを食べました。午後は顧客のところへ。道路に雪が積もっていない限り、バイクで街を走ります。顧客のワークショップに参加した後、自宅オフィスに寄ってスポーツバッグを取り、フィットネスセンターで1時間グループフィットネスをしました。それからまたオフィスに。夕ご飯は週末の残りで、パソコンの前で食べました。2時間ほど後に帰宅して、今日は店じまい。

今日の支出:
フィットネスセンターで20フラン

火曜日

今日は家の前まで車でお迎えが来て、直接顧客のもとへ。午後はチームメイトのワークショップを手伝いました。まだ少し準備しなければいけないことがあるので、バスでさっと自宅オフィスへ。昼ご飯にはまた週末の残り物のクスクスサラダ。ワークショップは思ったより早く終わったので、友達と夕ご飯を食べる約束の前にコーヒーカプセルを買う時間がありました。

今日の支出:
交通費2.80フラン
夕飯96.30フラン
コーヒー31.20フラン

水曜日

水曜朝は久しぶりに6時半に始まるグループフィットネスに参加。それからバイクで顧客のところへ。朝食を食べずに行ったので、食堂のミルクコーヒーとフルーツパンを食べました。数人の同僚と社食でランチ。それから金曜のワークショップ準備のため自宅オフィスへ。今日はチームイベントが予定されていて、みんなでキッチェリア(スーパーのミグロ主催の料理イベント)に参加しました。

今日の支出:
フィットネスセンターで20フラン
飲食に計21.50フラン 

木曜日

木曜日はラッパースヴィールで開かれた「ワールド・ユーザビリティ・デー」に参加。午前7時半に、チューリッヒ湖方面の電車に乗りました。イベントのメインはネットワーキングと講義の受講。研修として開催されているので、参加料は私の勤め先が負担。夜はミグロで少し買い物した後、自宅で過ごしました。

今日の支出:
買い物で35.90フラン

金曜日

金曜日は大抵自宅オフィスで過ごします。今日は顧客向けワークショップの準備をしなければなりません。3~4時間準備に費やした後、お昼にかけてフィットネスセンターへ。昼ご飯は前の晩の残り物。午後は一連のワークショップについて話し合うため、顧客が2人立ち寄りました。夜は彼氏とジビエ料理を堪能しました。

今日の支出:
チップの10フラン(食事代はおごり)

土曜日&日曜日

今夜は私の地元の村で恒例の音楽イベント。スイス東部に向かう途中、双子のためにミニオンズのアドベントカレンダーを買って、兄のところに寄り道しました。今日は電車で移動。ずっと前から予定していたので、割引料金で切符を買うことができました。兄の家を出た後、だんだん途中で気分が悪くなってきたので地元に向かわずベルンに戻ることに。帰りがけに食べ物を購入。残りの週末はインフルエンザにかからないように家で過ごします。:-)

日曜日は3件の支出が発生。行方不明になった小包の中身の支払いと、次の休暇で空港へ往復する割引乗車券、来週末にスイス東部まで帰省するための電車賃。

週末の支出:
アドベントカレンダー5.90フラン
電車賃77.10フラン
買い物14.75フラン
小包紛失159フラン


この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する