Navigation

スイス人の平均寿命、76年ぶり低下

2020年、スイスでは約7600人が新型コロナウイルス感染症で命を落とした Keystone / Martial Trezzini

新型コロナウイルスの流行により、スイス人の平均寿命は76年ぶりに低下した。2020年に生まれた男性は0.9年短い81.0歳、女性は0.5年短い85.1歳となった。

このコンテンツは 2021/10/26 15:50
Keystone-SDA/ts

スイス連邦統計局の25日の発表他のサイトへによると、平均寿命が短くなったのは男性が1944年以来、女性が1962年以来だ。

特に高齢者の平均余命が大幅に短くなった。65歳の男性は前年の20.0年から19.3年に、女性は22.7年から22.2年へと下がった。統計局によると、男性の低下幅は過去最大、女性は1944年以来の大きさとなった。

スペイン風邪との比較

統計局は、スペイン風邪が大流行した1918年と、コロナ流行が始まった2020年の死亡率には大きな違いがあると指摘した。スペイン風邪は約2万2千人と、人口1千人当たり5.6人の死者をもたらした。連邦保健庁によると、新型コロナ関連死は7600人で、1千人当たり0.9人だ。

またスペイン風邪では主に20~40歳の男女が犠牲となったが、コロナで最も死亡率が高いのは80歳超の高齢層だ。1918年の平均寿命は男性が前年より10.1年、女性が8.4年下がり、コロナ禍より低下幅が大きかった。

一方、2つのパンデミック(世界的流行)には大きな類似点もいくつかある。

絶対的にも相対的にも女性より男性の死者が多かった。1918年も2020年も同じ11月に第2波が発生し、死者数のピークを記録した。

また両パンデミックとも、スイス西部​​の州は東部の州よりも全体的に死亡率が高かった。

JTI基準に準拠

JTI基準に準拠

おすすめの記事: SWI swissinfo.ch ジャーナリズム・トラスト・イニシアチブの認証授受

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?