ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

テロ関連 仏マルセイユ刃物襲撃事件の関連者2人、スイスの国境そばで逮捕

スイス・キアッソの国境警備隊。2017年7月撮影

(Keystone)

スイス連邦警察は8日、フランスのマルセイユ駅で今月1日に起きた刃物襲撃事件に関連したチュニジア国籍の男女ペアを、イタリアとの国境そばにあるスイス南部キアッソの亡命申請センターで逮捕した。連邦司法警察省警察局(FEDPOL)が10日、明らかにした。

 同局のサイトによると、逮捕された男はチュニジア国籍のアハマド・ハナチ容疑者(29)の兄弟で、テロ組織ジハードと関連があるとして国際手配されていた。

 ハナチ容疑者は、フランス南部の駅の外で二人の若い女性を殺害した後、フランス兵士によって射殺された。

 同局はテロ行為の「可能性がある」として調査しているが、逮捕された男の役割は不明確なままであるとしている。


(英語からの翻訳・上原亜紀子)

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

×