Navigation

スイスの中流階級について知っておくべき六つの事柄

国民投票で法人税改正法案が否決されたことを受け、政府に「ノー」を突きつけたスイスの中流階級に再び注目が集まっている。スイス社会の3分の2近くが中流階級とされるが、今日「中流階級」とは何を意味するのだろうか?2013年に連邦統計局によって行われた大規模調査のデータから、現代の中流階級の顔を探ってみよう 。

このコンテンツは 2017/02/27 12:00


1.収入は平均所得の70〜150%

End of insertion

中流階級に属するかどうかの主な判断基準は賃金だ。また、世帯の構成も基準の一つとなる。総所得が平均所得の70〜150%の範囲に入る世帯の人は中流階級に属する。平均所得とは所得分布を二つの集団に等分する値で、半数がその額以上の収入、半数がその額以下の収入を得ていることになる。

外部リンクへ移動

2.人口のほぼ3分の2 

End of insertion

スイス人の58.1%が中流階級だ。人口の5分の1が中流階級以下の収入を得、5分の1がそれ以上を得ている。

外部リンクへ移動

3.1998年以降ほぼ横ばい

End of insertion

1998年から2013年まで、中流階級は人口の57〜61%を占めていた。09年に61.3%の最高値を記録し、その後若干減少した。連邦統計局によると、大きな変動はない。一部の報道の主張とは異なり、中流階級が衰退しているわけではないことを示す。


4.下位中間所得層の4人に1人が経済的問題を抱えている

End of insertion
外部リンクへ移動

5.下位中間所得層の5分の1以上が高等教育を受けていない

End of insertion

教育水準は所得層と密に関連している。高等教育の学位を有しない人の割合は、所得が上がるにつれて減少する。

外部リンクへ移動

6.政治への信頼は低め

End of insertion

下位中間所得層および低所得層は、一般集団に比べて政治制度への信頼が低い。

外部リンクへ移動


このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。