Navigation

ソーラー・インパルス2、大西洋横断成功

スペイン・セビリアに降下中のソーラー・インパルス2 Keystone

ニューヨークから大西洋をノンストップで飛行していたスイスの電動飛行機「ソーラー・インパルス2」は23日、出発から71時間後に目的地のスペイン・セビリアに無事到着。セビリアではスペイン空軍のアクロバットチームから熱烈な歓迎を受けた。

このコンテンツは 2016/06/23 15:41
swissinfo.ch

ベルトラン・ピカールさんが操縦するソーラー・インパルス2は、現地時間の朝7時40分にセビリアに着陸。同機は20日の朝、ニューヨークを出発し、4日間昼夜を通して大西洋を横断。太陽光のみを動力とする電動飛行機が大西洋横断に成功したのは、同機が史上初となる。

セビリアに到着後、ソーラー・インパルス2の前でポーズを取る操縦士のベルトラン・ピカールさん Keystone

同機はセビリアの飛行場に降下中、スペイン空軍のアクロバットチームから歓迎され、一緒に飛行。ピカールさんは「ソーラー・インパルスと一緒に航空ショーに参加したのは初めてだ。素晴らしい!」と感激した様子だった。

ソーラー・インパルス2は大西洋のアゾレス諸島付近で乱気流に遭遇する等、困難な場面もあったと、ピカールさんは短文投稿サイト「ツイッター」に書いている。

ニューヨークからセビリアまでの区間は、今回の世界一周飛行で2番目に長い距離。最も長かったのは、昨年7月に日本からハワイまで太平洋を5日間ノンストップで飛行した区間。その時の操縦士はピカールさんの相棒であるアンドレ・ボルシュベルクさんだった。

同機はセビリアに4日ほど整備のため滞在したのち、天候が安定すれば来週初めには次の目的地に向かって出発する。

世界一周飛行の出発地であり最終目的地であるアブダビまで、同機はあと3地点ほど回る予定。次の目的地はギリシャかエジプトになるとされる。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。