バンクノートアワード2016 世界一安全な紙幣、50フラン

3層構造の50フラン紙幣は、従来の紙幣よりも耐久性がある

3層構造の50フラン紙幣は、従来の紙幣よりも耐久性がある

(Keystone)

スイスの50フラン紙幣が、国際銀行券協会(IBNS)の紙幣コンペで「バンクノート・オブ・ザ・イヤー2016」を受賞した。

 芸術的価値があり、革新的なセキュリティ機能を備えた紙幣に与えられる「バンクノート・オブ・ザ・イヤー」。今回受賞したスイスの50フラン紙幣他のサイトへは偽造防止のために、特殊な繊維や光学的変化インクを使うなど、計15種類の特殊性を備えている。さらに3層構造のうち2層には、綿紙と補強性のある高分子素材が使われており、従来の紙幣よりも耐久性がある。

 IBNSはスイスの50フラン紙幣について「3層構造のDurasafe® 技術を採用した鮮緑の縦型紙幣には、タンポポの綿毛、山脈を背景に宙を舞うパラグライダー、創造性にあふれる人間の手が描かれている」と話す。

 高分子素材を使用した紙幣が「バンクノート・オブ・ザ・イヤー」に選ばれるのは今回で3度目だ。

 過去の受賞紙幣他のサイトへは、ニュージーランドの5ドル紙幣(2015年)、トリニダード・トバゴの50ドル紙幣(14年)、カザフスタンの千テンゲ紙幣(13年)。

 今回選定されたスイスの50フラン紙幣は16年4月12日に流通したばかりで、第9次紙幣シリーズの1枚目にあたる。第1次紙幣が流通したのは20年前。来月5月には新20フラン紙幣が流通する。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。


(英語からの翻訳・説田英香)

×