ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

マダニに注意 ダニ媒介脳炎の症例が増加 予防接種呼びかけ

2017年はマダニ被害が特に多くなっている

(Keystone)

スイス連邦内務省保健局によると、今年はマダニにかまれてダニ媒介脳炎にかかった人が過去10年で最も多くなった。同局は予防接種を受けるよう強く呼びかけている。

 同局のダニエル・コッホ氏は地域紙ターゲス・アンツァイガーの日曜版の取材に対し、ダニ媒介脳炎の症例増加は「不安な状況だ」と語った。今年、ダニ媒介脳炎の患者2人が死亡し、患者の半数以上が入院した。

 ダニ媒介脳炎はウイルス性の病気で抗生物質が効かない。保健局はマダニのリスクの高い地域に住む6歳以上の住民に、予防接種を受けるよう呼びかけている。マダニにかまれた後に発症するケースが多いためだ。

噛みつく小さな悪魔 スイスに旅行する際には、マダニに要注意!

スイスでは今春、マダニが例年以上に発生している。外出のとき注意すべき場所や、スイスで旅行中、マダニから身を守るための対策をまとめた。 例年よりマダニが多いのは何故? 「冬の寒さが厳しかったせいで、今年の春は例年以上にマダニが発生している」 ...

 保健局によると、最もリスクが高いのはスイス東部とヌーシャテル湖、ビール湖周辺。この地域でワクチンを済ませたのはこの地域の住民の6割以下だという。春に発症しやすいため、秋のうちに接種するのが望ましい。

 チューリヒ応用科学大学(ZHAW)が開発したスマートフォン用アプリ「Zecke他のサイトへ(マダニ)」は、スイス全土で過去2年間にマダニにかまれた場所のデータを見ることができる。

 スイスでダニ媒介脳炎の感染が広がっているのとは対照的に、隣国オーストリアでは人口の83%が予防接種を受けたことにより、症例が10年前の700件から80件に減った。


(英語からの翻訳・ムートゥ朋子)

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

×