ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

死ぬ権利 2018年の自殺ほう助件数1200件超 スイス機関エグジット

Picture of bottle of the barbiturate Pentobarbital

The barbiturate Pentobarbital is taken at home by people who wish to die

(Keystone)

スイスの自殺ほう助機関「エグジット(EXIT)」は、2018年に合計1204人の自殺ほう助を行った。前年に比べ大幅に増加した。 

スイスのドイツ語圏とイタリア語圏を管轄するエグジットは12日、昨年905人が安楽死のサービスを利用したと報告した。前年と比べ172人増(23%増)だった。 

組織の会員数は2018年末の時点で12万117人だった。これは前年比で1万3千人増と大きく伸びている。 

安楽死した人のうち57%が女性で、平均年齢は78歳だった。安楽死を望む最大の理由は末期癌(344例)。高齢に伴う健康問題と慢性的な痛みがそれに続いた。 

スイスのフランス語圏を管轄するエグジットは2018年、299人の自殺ほう助を行った。新会員数は昨年末で2681人増の2万8762人。ジャン・ジャック・ボーズ副会長がスイス通信(Keystone-SDA)に明らかにした。 

≫スイスでの自殺ほう助についてもっと詳しく読む 

法律と規則 

本人が自ら死に至る行為を行い、その人が死ぬことで援助者が個人的な利益を得ることがなければ、スイスでは自殺ほう助は合法とされる。1940年代から自殺ほう助が認められている。 

スイスには、自殺ほう助を求める人々にサービスを提供する団体が主に2つ存在する。一つは「エグジット(EXIT)」、もう一つは「ディグニタス(Dignitas)」だ。ディグニタスは海外から訪れる人の自殺ほう助も行うが、スイス最大の組織であるエグジットはスイス市民かスイスの永住権所有者だけに安楽死のサービスを提供している。 

メンバーが人生にピリオドを打つ時が来たと判断したとき、自殺ほう助を受けるには一定の基準を満たす必要がある。 エグジットとディグニタスは、末期の疾患、極度の痛み、「耐え難い」症状、または耐え難い障害を抱えて生活している人々にのみサービスを提供している。 

安楽死の希望者は、自分の決意をきちんと理解し、衝動的な行動ではなく、死にたいという希望を絶え間なく持ち、第三者の影響がない状態でなくてはならない。また、自殺を自らの手で行うことも条件だ。

通常の手段では医師が処方した致死量の睡眠薬が用いられる。自殺志願者は経口摂取、点滴静脈注射、胃管など、いずれの方法においても、自ら毒を摂取しなくてはならない。スイス連邦裁判所は2006年、健全な判断が出来るすべての人々には、精神病を患っているか否かに関わらず、自らの死の手段を選ぶ権利があるとの判断を示している。

2011年6月、政府は自殺ほう助の慣行を規制するためのオプションを検討した結果、法律は変更せずに自殺予防と緩和ケアを促進することを決定した。

Keystone SDA/sb

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

公式アカウントはじめました

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。