ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

EU非加盟国 スイス人の高いヨーロッパ帰属意識



スイス人はヨーロッパ内に親戚や友だちも多い

スイス人はヨーロッパ内に親戚や友だちも多い

(swissinfo.ch)

スイス人はヨーロッパ感覚をもっとも強く持ち、最もヨーロッパ人らしいと認識しているという。

スイス人のヨーロッパ帰属意識の高さがスペインの銀行「BBVA」の基金機関によりまとめられた「ヨーロッパ人の考え方 ( European Mindset )」で明らかになった。スイス人はさらに公共機関や組織への信頼が高く、政治家の業績を認める唯一の国民であるという。

公共機関・組織への高い信頼

 調査はヨーロッパ14カ国の国民の意識とその性格を細部にわたって調査し、多角的方面からそれぞれの国民が抱く共通意識を浮き彫りにした。政治、経済における国民性から宗教、道徳観といった個人的な事柄も調査の対象となった。

 スイス人は、日刊新聞をよく読み、国内外の情報を積極的に受け入れる国民であることが浮き彫りにされた。また、安楽死の受け入れ度が高いことも特記された。

 公共機関、組織への信頼度が高いのは、デンマークが1位で次がスイスとポルトガルだった。一方信頼度が低いのは下位からブルガリア、イギリス、トルコだった。スイスでは特に大学、裁判所、企業に対する信頼度が高かった。専門家に対する信頼度では、スイス人も今回の調査の対象となったほかの国の国民も、医師、教育者、科学者に対する信頼度は高い。

 政治家については唯一スイス人が寄せる信頼度が最高10ポイントでみると5.4ポイントと、他の国の国民より高かった。スペイン人、ポーランド人、ポルトガル人、イギリス人は政治に対する関心度が低い。一方、デンマーク人とスイス人はそれぞれ6.4ポイントと6.5ポイントと政治に対する関心度は高かった。

スイス人もヨーロッパ人も

 調査の対象となった国民に共通するのは、アイデンティティーを感じるのは自国に対してより強く、ヨーロッパ人としての認識は自国に対する意識より低い。スイス人についてみると、自分はスイス人でしかないと答えた人は36.2%、ヨーロッパ人というよりスイス人だと答えた人は31.8%だった。28.6%がスイス人でもありヨーロッパ人でもあると答えているが、この結果は、今回調査の対象となった国の中でもっとも高い割合を占めた。スイス人のほか、自国民であり同時にヨーロッパ人と思うと答えた割合が高かったのは、ベルギー人 ( 28.0% ) 、スペイン人 ( 26.6% ) だった。一方こうした認識が低かったのは、イギリス人 ( 5% ) 、トルコ人 ( 4.4% ) 。

 スイス人の87.0%が総合的にみてヨーロッパ的価値を共有していると認識している点でも他国の国民より抜きんでている。これに続くのはドイツ人 ( 82.3% ) 、デンマーク人 ( 77.8% ) となっている。また価値観の種類別でも、経済的価値観では77%、道徳的価値観は82.2%、宗教的価値観は78.4% のスイス人がヨーロッパと同じ価値観を持っていると答えた。ヨーロッパの価値観との親密度が低かったのは、トルコ人、ブルガリア人、ギリシャ人、イギリス人。

ヨーロッパのニュースへ高い関心

 新聞を読む人の割合が高いのはスウェーデンとスイス。両国とも毎日新聞を読む人の割合が65%以上ある。調査の対象となった国の平均は34.3% だが、最下位にはギリシャとポーランドが位置した。特にスイス人は、ヨーロッパ関連のニュースへの興味が高いことも分かった ( 10ポイント中7.4ポイント ) 。スイスの次にはポルトガル、ギリシャ、ブルガリア、デンマークが続く。平均は6.2ポイント。

 スイス人はヨーロッパ以外のニュースにも高い興味を持つが、ローカルニュースも高い関心の対象となっている。特に関心の高いテーマは、健康、エコ、経済だ。さらにスイス人は外国のテレビを観たり新聞、雑誌を読んだりする率が高い。過去1カ月に外国のマスメディアに触れたと答えたスイス人は86%にも上った。平均は20.1%で、スイス以外に高い率を示したデンマークやスウェーデン、ベルギーでさえ50%前後。

 また、ヨーロッパ大陸内の旅行頻度を見ても、デンマーク人、スウェーデン人、スイス人が上位に上った。スイス人の87%が1年に最低1度はヨーロッパ大陸内を旅行すると答えている。目的は観光旅行が85.9%だった。また、ポルトガル人とスイス人 ( 45% ) は親戚の誰かが自国外のヨーロッパ諸国に住んでおり、彼らを訪問するなど交流もあるという。友だちがヨーロッパにいるという人も57%でトップだった。スイスの次はスウェーデンとデンマークだった。平均は29.1%。

宗教面はリベラル

 スイス人は安楽死に対する考え方も自由で、安楽死の受け入れ度は10ポイントのうち8ポイント だった。スイスに続くのがベルギー、デンマークとなっている。最下位はトルコ。

 スイス人の79%が信仰する宗教があると答えた。この質問で最上位だったのは、トルコ人 ( 97.4% ) 、ギリシャ人 ( 94.0% ) 、ポーランド人 ( 92.6% ) だった。スイス人の宗教度は10ポイントのうち5.8ポイントで、信じる宗教を持たないと答えた人はイタリア人 ( 3.6% ) 、イギリス人 ( 3.3% ) に次いで3.1%と高かった。

 イスラム教徒の女性が教育の場でベールをかぶることについては、まったく反対すると答えた人は60.4%で、賛成は9.3%だった。反対の平均は52.6%でスイス人はベールには反対の人が多いものの、分からないと答えた人も26.4%いた。そのほか、反対の人が多かったのは、ブルガリア、フランス、ドイツ、ギリシャ、ベルギー。

イバン・トゥルモ 、swissinfo.ch
( スペイン語からの翻訳 佐藤夕美 )

「ヨーロッパ人の考え方 ( European Mindset ) 」調査内容

対象となったのは、ベルギー、ブルガリア、デンマーク、フランス、ドイツ、ギリシャ、イタリア、ポーランド、ポルトガル、スペイン、スウェーデン、イギリス、スイス、トルコの14カ国。
各国15歳以上の1500人に、2009年11月から12月まで面接調査したデーターを集計した。

インフォボックス終わり


リンク

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

×