Navigation

UBS トップマネージャーにボーナス無し

今後新採用されたボーナス制度は「連邦銀行委員会 ( EBK/CFB ) 」による監査を受ける Keystone

11月17日、スイス最大手のUBS銀行はトップマネージャーたちに今年ボーナスを給与しないと発表した。

このコンテンツは 2008/11/18 10:58

UBSのトップマネージャーたちは、過去に毎年数億円に上るボーナスを懐に入れてきた。しかし世論は同銀行に大損害を招いた責任を問い、経営陣にその返却を求めていた。

締役会会長に今後ボーナスは一切支払われない

UBSの発表によると、現在ペーター・クーラー氏がその役を務める、締役会会長に今後ボーナスは一切支払われないこと、取締役会の経営陣に2008年度のボーナスは支払われないこと、さらに今後ボーナス制度は、まずストックしたボーナス額を成績如何によって差し引いたりした後、数年後に支払う制度を採ることなどを決めた。

これは、銀行業界の「警察役」である「連邦銀行委員会 ( EBK/CFB ) 」との話し合いの結果、採用された処置だ。

1カ月前、連邦政府は金融危機で打撃を受けたUBSに60億フラン ( 約4824億円 ) の強制転換社債購入という形での公的資金注入をしたばかりだ。しかしUBSは、昨年44億フラン( 約3537 億円 ) の赤字を計上したにもかかわらず、取締役会の12人の経営陣に総額7400万フラン( 約60億円 ) のボーナスを支払っていた事実が浮上し、世論は経営陣にその返却を強く求めてきた。

11月9日には、元UBS役員会会長のペーター・ヴッフリ氏が1200万フラン ( 約96億円 ) の報酬を放棄すると発表している。


swissinfo、外電

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。