ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

ワールドカップ 「双頭のワシのポーズ」シャキリ、シャカらに罰金 FIFA

シャカとシャキリ

ゴールを決めた後、「双頭のワシ」のポーズをしたシャカ(左)とシャキリ

(Keystone)

22日のサッカー・ワールドカップ(W杯)のスイス対セルビア戦で、スイス代表のグラニット・シャカとジェルダン・シャキリがゴールを決めた後にアルバニアの国旗に描かれた「ワシのポーズ」をした問題で、国際サッカー連盟(FIFA)規律委員会は25日、二人とシュテファン・リヒトシュタイナー主将を罰金処分にすると発表した。

 シャカ、シャキリはそれぞれ1万フラン(約110万円)、リヒトシュタイナーは5千フランを支払う。FIFAは3人が「フェアプレーの原則に反する行動を取った」としたが、出場停止処分は見送った。

 スイスは2-1でセルビアに勝利した。27日にはコスタリカと対戦する。

 シャカとシャキリはいずれもアルバニア系の出身。22日の試合では、二人はゴールを決めた後、それぞれ胸の前で手の甲を交差するポーズをし、これがセルビアに対する政治的パフォーマンスだと批判された。

 シャキリは2年前、所属する英ストーク・シティで週8万5千フランを稼いでいると英紙で報じられた。

 スイスサッカー協会(SFV)のペーター・ジリエロン会長は24日、スイス公共放送(SRF)のインタビューで、スポーツの場に本来持ち込んではならない政治的問題が原因でFIFAの調査を受けたのは非常に残念だと語った。

 シャカとシャキリが取った行動は、1990年代のコソボ紛争以降、根深く残るセルビア人とアルバニア人の確執を象徴している。

>>シャカとシャキリのゴールパフォーマンス、スイス各紙が批判  

 試合後、スイス各紙は二人の政治的パフォーマンスを批判。移民が多くを占める代表チームが本当にスイス代表と言えるのかという古い議論にまで火が付いた。

 一方、ギー・パルムラン・スポーツ相とイグナツィオ・カシス外相は、ドイツ語圏の日刊紙NZZ日曜版(24日付)のインタビューで選手たちを擁護。スタジアムで観戦したパルムラン氏は「熱気に包まれた試合を見れば、スイス代表の功績は高く評価されるし、選手が感情を爆発させてしまうのは理解できる」と語った。

 FIFA規律委員会はこのほか、セルビアのファンが「差別的な横断幕とメッセージを掲げた」などとしてセルビアのサッカー協会に5万4千フランの罰金を科した。またシャキリとシャカのゴールパフォーマンスに対して不適切なコメントをしたとして、スラビサ・コケーザ会長とセルビア代表のムラデン・クルスタイッチ監督にそれぞれ5千フランの罰金処分を科した。

SDA-ATS/ln/ts

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。