ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

新旧技術の合体 スイスの老舗時計メーカー、仮想通貨のウオレット機能つき腕時計を開発

「クリプト・メカニカル・ウオッチ 」のロゴ

300年続く家族経営の時計メーカーが、機械時計と仮想通貨技術を結びつけた

(A. Favre & Fils)

1718年創業のスイスの時計メーカー、A.ファーブル&フィスが、仮想通貨を保管するウォレット機能を持った腕時計を開発した。

2008年に家業を継いだ10代目社長、ローラン・ファーブル氏は新製品「クリプト・メカニカル・ウオッチ」(CMW)が猿真似商品ではないと胸を張る。伝統的な機械時計を現代の最新技術と結びつけることを狙った。家族経営の同社は日本製のクオーツ時計が市場を席巻した1970年代、廃業一歩手前まで衰退した。

ファーブル氏は、その苦難の時代が再来するのを避けるには、新旧の技術を合体させることが最もよい手段だと考えた。「電車の時代に蒸気機関車の未来を考えるようなものだった」。ファーブル氏はスイスインフォの取材にこう振り返った。「デザインの向上につながる工夫を続けなければならない」

仮想通貨関連では、ビットコインで買える腕時計の限定モデルを発売したブランドは他にもある。だがCMWは「ただお金を投じるだけでなく、仮想通貨の取引に関わる人々にとって便利なものにしたかった」(ファーブル氏)

CMWは晩春~初夏に発売予定。販売価格は10万~15万フラン(約1100万~1700万円)を想定しており、仮想通貨でも購入できる。試作品は未完成だが、技術的には生産可能な状態になっている。

ウェアラブル金庫

時計を紛失したり盗難・損害を受けたりした場合への安全対策を講じた。だが具体的にどのような技術を使ったのか、ウォレットをどう管理するのかはまだ明かされていない。

現時点で分かっているのは、腕時計を装着していないときには仮想通貨を安全に保管する「コールド」状態になり、装着すると取引や支払いに利用できる「ホット」状態になるということだ。

A.ファーブル社はブロックチェーン技術を使った別の新製品も開発中だ。取引を記録するデジタル台帳や、トークン(電子証票)化された株式など暗号資産が想定される。

swissinfo.ch

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。