ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

野生動物 オオカミの群れほぼ倍増 スイス

オオカミ

スイスでは7匹の出産が確認された

(Zoo Zürich, Enzo Franchini)

専門家によると、スイスでは現在、オオカミの群れが7~9つあるとみられる。1年で個体数も増加した。

関連団体スイスオオカミグループ他のサイトへによると、国内で暮らすオオカミの群れは現在少なくとも7つあり、前年の4つよりも増えた。社会化されたオスとメス3匹以上が、一定の縄張りで暮らす集団を群れと定義している。

今回発表された数値は、2019年5月初めから2020年4月の終わりまでの期間が対象。オオカミの群れを少なくとも7つだと想定すると、個体数は60〜70匹に上るとみられる。

群れは、グラウビュンデン州(ズルゼルヴァ、オーバーサクセン、ベヴェリン)、ヴァレー(ヴァリス)州(ヴァル・ダニヴィエ、ヴァル・ダントルモン、シャブレー)、ヴォー州(コル・デュ・マルシェル)に生息する。ベルナーオーバーラント地方と中央スイスにも個々に暮らすオオカミがいる。団体によれば、群れの数は最大9つに上るとみられる。グラウビュンデン州のカランダ山塊とティチーノ州のヴァッレ・モロッビアに暮らす2つの群れについては、詳細は分かっていない。

地図

スイス国内のオオカミ分布図 (Rudel = 群れ, Einzeltiere = 個々に暮らす個体)

(Swiss Wolf Group)

団体は、7匹の出産を確認した。 3匹はヴァレー州、3匹はグラウビュンデン州、1匹はヴォー州だった。

人間と捕食者 オオカミは駆除されるべき存在?

スイスでは毎年4千~6千匹のヒツジが病気、転落、落雷などが原因で死亡している。それに比べ、オオカミに襲われて死亡するヒツジの数は少ない。しかし、スイス南西部のヴァレー州では多くの住民が捕食者駆除地域の開設を求めている。(SRF/swissinfo.ch) ...



SDA-Keystone/ac

Neuer Inhalt

Horizontal Line


swissinfo.ch

公式アカウントはじめました!

公式アカウントはじめました!

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。