ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

「死ぬ権利」 オーストラリアの104歳研究者がスイス到着、10日安楽死へ

バーゼルで記者会見するグドール氏

9日、バーゼル市内で記者会見するグドール氏

(Keystone)

高齢を理由に安楽死を希望していたオーストラリア在住の研究者デビッド・グドール氏(104)がスイス入りした。10日、バーゼルの自殺ほう助団体の支援を受け、自ら命を終える。

 グドール氏は9日、バーゼル市内で記者会見し、自殺ほう助によって人生を終えることに満足していると発言。ただ、本当はオーストラリアで死を迎えたかったと心のうちを明かした。オーストラリアでは自殺ほう助は認められていない。

記者会見のようす

グドール氏の記者会見の様子

 グドール氏は2日、豪パース空港を出発。仏ボルドーの親類を訪ねた後、7日にバーゼルの空港に到着した。

デビッド・グドール

今月2日、豪パース空港で孫に別れを告げるデビッド・グドール氏(左)

(Keystone)

 グドール氏はこの日集まった報道陣に「私が言いたいのは、50歳か60歳になった段階で、このまま生きるか死ぬか、本人が自由に選択できるようにするべきだ」と語った。

 グドール氏は長年、オーストラリアの自殺ほう助推進団体「エグジット・インターナショナル」の会員だった。104歳の誕生日を控えた4月初め、バーゼルの自殺ほう助団体「ライフサークル」のサービスを受け、安楽死をする意向であることを公表していた。不治の病に冒されているわけではないが、生活の質が低下していることなどが理由だという。

 スイスで自殺ほう助は合法化されている。このため、国外から不治の病や高齢を理由に安楽死を求めて来る人が多い。

薬物を飲んで死亡

 グドール氏は10日にも、薬物を飲んで死を迎える。

 仏ボルドーの親類を訪ねたことについて、グドール氏は「ボルドーにいる家族にさよならを言うのは少しつらかったが、仕方ない」と語った。

SDA-ATS/ts

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。