Jump to content
Your browser is out of date. It has known security flaws and may not display all features of this websites. Learn how to update your browser[閉じる]

CGで見るスイスの人口


150年間で人口3倍 少子高齢化が進むスイス 




 (swissinfo.ch)
(swissinfo.ch)

過去150年間で3倍近くになったスイスの人口。特に移民の増加によるここ数十年の人口増加は著しく、スイスは今日、ヨーロッパ諸国で最も人口推移の激しい国の一つだ。

 美しい真っ白な山々を抱き、山岳地帯にほんのわずかな人々が住むスイス。スイスにこのようなイメージを持つ人は、飛行機がスイスの「プラトー(高原)」と呼ばれる地域の上空に差し掛かったとき、眼下に見える光景にびっくりするだろう。

 確かにアルプスには、絵はがきに出てくるような風景が残る地域もいくつかある。例えばグラウビュンデン州では、1平方キロあたりの人口は200人。ドイツやイタリアの平均人口密度よりも低い。だが、実際には下のグラフから分かるように、西はレマン湖、東はボーデン湖の間に広がる『プラトー』と呼ばれる一帯にスイスの人口の約3分の2が集中している。その地域の人口密度は1平方キロあたり450人で、プラトーはヨーロッパで最も人口密度の高い地域の一つだ。

中央の線をドラッグして左に動かすと1850年、右に動かすと2010年のスイスの人口密度(単位:1平方キロあたりの人口)を見ることができます。

 ヨーロッパでは、過去50年間にスイスほど人口が増加した国はあまりない。1960年以降スイスの人口は500万人から800万人に増加。これは50%以上の増加に値する。この増加率を上回るのはアイスランドやアイルランド、スペインなど一握りの国のみだ。

 過去50年間のスイスの人口増加率は常に1%以上。増加率が停滞したのは1970年代のオイルショックの時期のみだ。

 次のグラフを見ると、数十年前からスイスは「移民の国」だと分かる。移民数は1970~80年代にいったん停滞した後、再び急速に増加している。スイスの健全な経済環境に加え、人の往来が自由化されたことにより、主にEU 加盟国から何万人もの外国人労働者がスイスに集まった。

 (swissinfo.ch)
(swissinfo.ch)

 スイスは今日、外国人比率の最も多い国の一つでもある。また、スイスに住む4人に1人は外国生まれだ。

(カーソルを国別に合わせると%が表示されます。)

 スイスの外国人比率が非常に高い理由には、外国人にスイス国籍が自動的に与えられないことにもある。外国籍の人の多くは、スイスで生まれたが、外国籍である親の国籍を保持している人たちだ。

 2013年の統計によると、外国人の85%がヨーロッパ出身。下のグラフから、ドイツ、イタリア、フランスからの移民数の動向は、歴史と深く結びついていることが分かる。

 (swissinfo.ch)
(swissinfo.ch)

 昔は移民の多くが高資格を持たない労働者だったが、現在では大卒の外国人労働者の数がますます増えている。例えば、ドイツ人、フランス人の外国人労働者の半数以上は高等教育を受けた人たちだ。

 工業国の全てがそうであるように、スイスもまた社会の高齢化問題に直面している。1860年、スイスの65歳以上の人口と20~64歳の比率は1対12だったのが劇的に変化し、今日では1対4となっている

 社会の高齢化の原因は、平均寿命が延びたことよりもむしろ出生率の低下にある。1960~2012年に世界の平均寿命は35%(18年)伸びた。スイスは世界でも新生児の平均余命の最も高い国の一つだ(2013年では82歳以上)。

 (swissinfo.ch)
(swissinfo.ch)

 1人の女性が一生の間に産む子どもの数(合計特殊出生率)も過去50年間で劇的に減少し、世界平均では5人から2.5人に減った。スイスでは、ベビーブームの合計特殊出生率は2.5人だったのが現在は1.5人。これは、現在の人口を維持するのに必要な合計特殊出生率の数値を下回る。死亡数が出生数を上回っているので、このままではスイスの人口が減少するかもしれない。だが流入する移民の数は人口維持に十分すぎるぐらい多いため、その心配は無用かもしれない。

 (swissinfo.ch)
(swissinfo.ch)


Graphics: Duc-Quang Nguyen & Filipa Cordeiro, swissinfo.ch

著作権

すべての権利を留保します。swissinfo.chウェブサービスのコンテンツは著作権で保護されており、私的使用目的でのみご利用いただけます。それ以外のウェブサービスのコンテンツ利用、特に拡散、変更、転用、保存、複写する場合は、swissinfo.chの書面による同意を必要とします。私的使用以外でご利用される場合は、contact@swissinfo.ch へご連絡ください。

私的使用以外の利用において唯一認められるのは、特定のコンテンツへのハイパーリンクを自分のウェブサイトや第三者のウェブサイトに設定することです。また、広告のない環境にswissinfo.chウェブサービスのコンテンツを原文のまま掲載することもできます。swissinfo.chウェブサービスでダウンロード用に提供しているすべてのソフトウェア、ディレクトリー、データ、およびそのコンテンツに対しては、私用の機器へのダウンロードや保存に限定した、譲渡不可能で非独占的な単純ライセンスを譲渡します。他のすべての権利はswissinfo.chに属します。特に、販売や商業的利用は固く禁止します。

×