Navigation

たばこ会社、WHO報告書に反論

世界のたばこ会社は、WHOの嫌煙キャンペーン妨害工作批判に対し、早速反論している。

このコンテンツは 2000/08/03 10:23

世界のたばこ会社は、WHOの嫌煙キャンペーン妨害工作批判に対し、早速反論している。

フィリップ・モリスEU本部のデイビッド・ダビアス副社長は、WHOの批判は調査に基づくものではないとswissinfoに語った。「報告書の参考資料とされたいかなる書類も、我々がWHOの嫌煙およびたばこ規制政策を妨害していると実証することにはならない。」と主張する。フィリップ・モリスは、過去には会社の利益を守るために攻撃的ですらあったが、その後方針を変え、現在ではより建設的なアプローチを取っていると、ダビアス氏は言う。

また、1988年フロリダ州ボカ・ラトンでフィリップ・モリスの役員が秘密会合を開いたというWHO報告書の記載に関しては、会社側は秘密会議が開かれた事実は認めたが、WHOキャンペーンに対する妨害工作のためではないと否定した。「WHOは確かに議題の一つではあった。我々は、WHOの調査が我々のビジネスにどのように影響を及ぼすかを研究し、我々の側の考えを知ってもらう方法を検討していた。」と、ダビアス氏は語った。

一方、ブリティッシュ・アメリカン・タバコは、WHOの批判を否定し、WHOがたばこ産業との有効な対話を拒否していると攻撃した。「WHOには繰り返し話し合いを申し込み、政策決定プロセスへの参加を申し出ているが、考慮されていない。」とスポークスマンは述べた。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。