Navigation

オギ大統領、洪水被災地を視察

アドルフ・オギ大統領は、15日ヴァリス州ゴンド村の被害状況を視察、避難民を慰問した。

このコンテンツは 2000/10/16 06:28

アドルフ・オギ大統領は、15日ヴァリス州ゴンド村の被害状況を視察、避難民を慰問した。

オギ大統領とパスカル・クシュパン経済相は、15日ヴァリス州の洪水被災地を視察した。ゴンド村を慰問したオギ大統領は、「洪水で多大な被害を受け、行方不明を出し、歴史的な建造物も破壊されたたヴァリス州およびゴンド村の人々に心から御悔やみ申し上げます。人々が事態に立ち向かい、立ち直る強さと勇気を持っている事を望みます。」と述べた。そして、人類は自然の恐ろしさを改めて認識しなければならないと語った。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。