Navigation

オギ大統領、洪水被災地を視察

アドルフ・オギ大統領は、15日ヴァリス州ゴンド村の被害状況を視察、避難民を慰問した。

このコンテンツは 2000/10/16 06:28

アドルフ・オギ大統領は、15日ヴァリス州ゴンド村の被害状況を視察、避難民を慰問した。

オギ大統領とパスカル・クシュパン経済相は、15日ヴァリス州の洪水被災地を視察した。ゴンド村を慰問したオギ大統領は、「洪水で多大な被害を受け、行方不明を出し、歴史的な建造物も破壊されたたヴァリス州およびゴンド村の人々に心から御悔やみ申し上げます。人々が事態に立ち向かい、立ち直る強さと勇気を持っている事を望みます。」と述べた。そして、人類は自然の恐ろしさを改めて認識しなければならないと語った。

このストーリーで紹介した記事

JTI基準に準拠

JTI基準に準拠

おすすめの記事: SWI swissinfo.ch ジャーナリズム・トラスト・イニシアチブの認証授受

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?