スイスが「英国と組んでEUに対抗することはない」

移民規制に関する新しい憲法条文の具体的な実現について述べるディディエ・ブルカルテール外相。2015年12月4日の記者会見にて Keystone

欧州連合(EU)は、スイスの重要な貿易相手の一つ。ディディエ・ブルカルテール外相によると、2019年ごろを目途に予定されている英国のEU離脱に対し、スイスの態勢は十分整っているという。

このコンテンツは 2017/01/19 12:09

ブルカルテール外相は国内メディアのインタビューの中で、昨年6月にスイス政府が対英関係の調整計画を承認したことに言及。調整の過度の遅滞は避けたい意向で、この英EU離脱によりオプションの幅が広がったと話す。

ドイツ語圏の日刊新聞ターゲス・アンツァイガーとブントの共同インタビューでは、「さまざまな分野で関係を深めたい。すべてがEU経由でなくなっても、それはそれで(スイスにとって)好機ともなる」と発言。「英国とは良好な、あるいはより密接な関係を築きたい。だが、英国と組んでEUに対抗することはない」

外相は不確かな要素がまだいくつかあることを認めた上で、スイス政府はまもなく、英国とどのように交渉を始めるかについて討議を開始すると告知した。

また、ドイツ語圏大手新聞NZZの1月18日付の紙上では、「できるだけ早く法的安全を得ることが目標だ」と述べている。

これらのコメントは、英国がEU単一市場を脱退するという18日のテリーザ・メイ英首相の表明を受けたもの。英国は昨年6月、国民投票でEU離脱を決定した。

ブルカルテール外相はまた、現在ダボスで開催されている世界経済フォーラム(WEF)の年次総会(ダボス会議)に出席した際、スイス公共放送(SRF)のインタビューを受け、次のように話した。「少なくとも英国政府の意図は分かった。これは英国とスイスの関係において重要なことだ」

スイスはEUに加盟せず、120を超える貿易協定をEUと結んでいる。しかし、14年にEU加盟国の国民を対象とした移民規制の再導入が国民投票で決定したことで、対EU関係は目下、行き詰まっている。

さらに、右派や保守派の反EU派も、EUが重んじている原則「人の移動の自由」に関する協定を無効にしようと案を練っているところだ。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する