Navigation

カーニバルの季節がやって来た

スイスの2月、3月はカーニバルの季節。冬の終わりと春の訪れを告げる季節の到来だ。カーニバルといえば、バーゼル、ベリンツォーナ、ルツェルン、レッチェンタール等が有名。ユーモラスな、またちょっと凶暴なキャラクターが町を練り歩く。

このコンテンツは 2001/02/13 14:19

ルツェルンのカーニバルは「Fat Thursday」と呼ばれる木曜日(今年は2月22日)午前5時、銃声とともに幕を開け、火曜日の仮装ブラスバンド約100グループの「モンスターコンサート」で終わる。

ソロトゥルンでは、同bュ「Fat Thursday」の早朝、19世紀末からの伝統通り寝巻きにナイトキャップ、赤いスカーフをした大人達が皆を起こして回ることから始まる。

ベリンツォーナのカーニバルも「Fat Thursday」に始まるが、ハイライトは日曜の仮装バンドのパレードだ。

仏語圏最大のカーニバルはパイエルヌで3月2日から。

またスイスで最も有名なバーゼルのカーニバル(ファスナハト)は、四旬節(イースターイブまでの日曜日を除く40日間)前に行われるスイスのカーニバルの最後を飾る。毎年Ash Wednesday後の月曜日に始まるので、今年は3月5日から。午前4時、ピッコロとドラムの鼓笛隊の行進で始まる。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。