Navigation

シャトー=デーの空に熱気球の花 第24回国際熱気球大会

シャトー=デーの空を彩る熱気球。19ヶ国から100組以上が参加 Keystone

アノーEnhaut谷(ラ・ティーヌLa Tineの山間路とベルン州境にはさまれた谷)の中心地シャトー=デーで毎年開催される国際熱気球大会が開かれた。開会式の19日は、シャトー=デーの村のカラーの巨大気球が上げられたのに続き、工夫を凝らした形のカラフルな気球がアノー谷の空を彩った。

このコンテンツは 2002/01/21 09:14

大会のメインイベントは、デビッド・ニーブン・カップと呼ばれる熱気球の長距離レース(375km)だ。シャトー=デーに住んでいた英国の俳優にちなんで名付けられたレースの最高記録は、約30年前に出されたものが未だに破られていない。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

JTI基準に準拠

JTI基準に準拠

おすすめの記事: SWI swissinfo.ch ジャーナリズム・トラスト・イニシアチブの認証授受

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?