Navigation

ジュネーブの天文学者グループ、新惑星発見

ジュネーブの天文学者が、太陽系の外に8個の惑星を発見したと7日公式発表した。直接観測はできないが、軌道の中心となる恒星に及ぼす引力から存在が確認された。

このコンテンツは 2000/08/07 15:13

ジュネーブの天文学者が、太陽系の外に8個の惑星を発見したと7日公式発表した。直接観測はできないが、軌道の中心となる恒星に及ぼす引力から存在が確認された。

今回発見された惑星のうち、HD83443Cと命名された星は、これまで太陽系外で発見された惑星の中で最も軽く、土星の約半分。ジュネーブ天文台は、チリのラ=シラ天文台が収集した情報をもとに、惑星群を発見したと発表した。

惑星は自ら発光しないので、軌道の中心となる恒星に及ぼす引力が、発見の手がかりとなる。惑星が恒星に及ぼす微細な引力の測定から、天文学者は惑星の軌道と質量を割り出す。

今まで約50の太陽系外の惑星が発見されているが、引力の測定でのみ発見、確認されている。全て地球よりもはるかに大きく、ほとんどは土星と同じくらいか、それより大きい。これらの惑星は、岩石を中心核にガス(炭酸ガス、アンモニア、メタンなど)の大気圏を持つ場合が多い。太陽系の木星、土星、天王星、海王星は、このガス・タイプで、生物の生存には不向きだと考えられる。

惑星HD83443Cは、土星サイズの2個の惑星と共に、HD83443を公転している。太陽から141光年の、ヴェラ星群にある。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。