Navigation

ジュネーブ、生物兵器機関の本拠地に立候補

ジョセフ・ダイス外相は、生物兵器撲滅を計る新機関の本拠地にジュネーブを推薦した。

このコンテンツは 2000/02/02 16:58

ジョセフ・ダイス外相は、生物兵器撲滅を計る新機関の本拠地にジュネーブを推薦した。

ダイス外相は、生物兵器禁止条約の交渉会議で、大量殺戮兵器の減少にかかわらず、ある日何者かがライフ・サイエンスを人命を脅かす武器に変える危険がなくなったわけではないと警告した。

生物兵器の開発、保管、製造を禁止する1972年の生物兵器禁止条約施行を目指し、5年間に渡る交渉がジュネーブで行われている。条約はすでに138カ国が署名しているが、調査・検証のためのグループを署名各国に派遣した実績もなく、空条約に等しい。

科学者たちは、生物兵器の製造は比較的簡単であり、その隠匿も化学、医薬品、チーズ等合法的な施設の中に容易にできると指摘する。

ダイス外相は、ジュネーブには19の国際機構はじめ、健康、軍縮、情報等に関わる様々な国際機関が本拠地を置き、またスイスが生物兵器調査官の育成所であるとして、ジュネーブを新機関の本拠地に適切であると立候補した。他にオランダが立候補している。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。