スイス公共交通機関でマスク着用が義務化

スイス政府は1日、公共交通機関でのマスク着用を6日から義務付けると発表した。これまでは「人との距離が保てない場合に強く推奨」との立場だった Keystone / Urs Flueeler

スイス連邦政府は1日、6日から国内の公共交通機関の利用時にマスクの着用を義務付けると発表した。国の指定するリスク地域からの入国者に、10日間の自宅待機を要請することも決めた。

このコンテンツは 2020/07/01 17:37
Keystone-SDA/ts

いずれも足元の新規感染者の増加への対応。スイス連邦内閣は1日の声明で、「新型コロナウイルスの封じ込め措置を緩和して以来、公共交通機関の利用者が増えている」と指摘した。「推奨される距離が保たれていないケースが多い」

マスクの着用義務は12歳以上に課される。電車やトラム(路面電車)、バス、登山鉄道、ケーブルカー、船舶を含む全ての公共交通機関が対象。着けない人に罰金などの制裁はないが、スイス連邦鉄道(SBB/SSF)は「迷惑乗客」として降車や罰金を要求することがある、と説明した。

これまでマスク着用は混雑時で人と人との距離が保てない時のみ「強く推奨」するにとどまっていた。だが推奨に従う人が少なすぎるとして、連邦政府は義務付けに踏み切った。

アラン・ベルセ内相は1日の記者会見で「第2波を防ぎたい」と強調した。これまではマスク着用義務のある隣国からも一歩遅れていたとの認識を示した。

シモネッタ・ソマルーガ大統領は会見で「この数日、どれだけ速くウイルスが再び拡散するかを目の当たりにした」と話した。

1日に報告された新規感染者数は137人。先月29日は35人、30日は62人だった。

10日間の自宅待機

6日からはリスク地域からの入国者全員に10日間の自宅待機が義務付けられる。リスク地域は連邦保健庁がリスト化し、定期的に見直す。リスク地域の指定基準は、週内に連邦閣僚が議論する。

該当者は入国後、州当局に届けなければならない。航空会社やリムジン業者は、感染した人を乗せてはならない。

共有する