Navigation

スイス援助機関、ネパール事務所を閉鎖

混乱の続くカトマンズ。6月5日 Keystone

6月1日の王族射殺事件以降混乱の続くネパール情勢のため、スイス開発協力局はカトマンズ事務所を閉鎖し、状況によっては職員を国外へ退去させる準備を始めた。また、NGOのヘルベタスも、しばらく事務所を締め状況を見守ると発表した。

このコンテンツは 2001/06/06 09:33

外務省はスイス国民にネパールへの渡航を控えるよう呼び掛けている。また、外務省は、今後の情勢によっては現在ネパールに居住している200人のスイス国民の退去方法を検討中だとした。

カトマンズでは5日、ネパール当局が外出禁止令を再び発令した。国民は、敬愛されたビレンドラ元国王夫妻、ディペンドラ皇太子ら王族8人が殺害された事件の真相の発表を求めている。当局は当初、結婚に反対されていたディペンドラ皇太子が国王らを射殺後自殺したと発表されたが、後に新国王に即位したビレンドラ元国王の弟ギャネンドラ国王が銃の暴発事故だったと発表し、国民の怒りを買った。野党・統一共産党のマダブ・クマル・ネパール議長は、ギャネンドラ国王が真相解明のために設置した調査委員会への指名を拒否し、王室に対する不信を公然と表した形となった。調査結果は7日に公表の予定だが、結果次第では国民の王室や政府に対する反発が一気に噴出し、暴動に発展する恐れもある。

1950年以来、スイスは橋、道路などの建設費や教育、保健施設などへ年間約2、000万スイスフランの援助金を提供しており、スイス開発協力局は民主化、人権尊重などの支援をしている。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。