Navigation

スイス政府、国連・ハーバード大の合同人道研究に献金

マサチューセッツ州ケンブリッジのスイス・ハイテク領事館「スイス・ハウス」の開館式で、連邦政府は国連とハーバード大学の人道政策研究計画に180万ドル献金すると発表した。

このコンテンツは 2000/10/12 10:35

マサチューセッツ州ケンブリッジのスイス・ハイテク領事館「スイス・ハウス」の開館式で、連邦政府は国連とハーバード大学の人道政策研究計画に180万ドル献金すると発表した。

スイス・ハウスの開館式で、政府を代表してフランツ=フォン・ダニケン国務長官は、ハーバード大学と国連の共同研究、人道政策と紛争調査計画を3年間財政援助すると発表した。この研究計画は、各国連機関やNGOに、紛争の抑止、平和建設、紛争地域の住民保護等のアドバイスをするためのもので、情報技術を駆使し研究者、ポリシー・メーカー、現場の人道援助ワーカーのネットワークを構築する。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。