Navigation

スイス政府、外国人に関する新方針で集中砲火

スイス人口の5分の1を構成する外国人居住者に対する政府の新方針が、批判にさらされている。ルス・メツラー司法・警察相は、連邦外国人委員会を外国人取り締まりを司る警察当局下へ移す計画の再考を迫られている。

このコンテンツは 2000/01/29 16:54

スイス人口の5分の1を構成する外国人居住者に対する政府の新方針が、批判にさらされている。ルス・メツラー司法・警察相は、連邦外国人委員会を外国人取り締まりを司る警察当局下へ移す計画の再考を迫られている。

2週間前に決定された新方針は、29人の委員のうち15人を激怒させ、ファビオ・カッシア連邦外国人委員会代表は辞任した。ベルンで行われた記者会見で、委員会は、政府決定を許されざるものと断固拒否した。

スイス・スペイン人会代表のフランシスコ・ルイーズ氏は、新方針は30年の建設的な対話を逆行するものと批判した。また、ポルトガル人協会代表のアントニオ・クンハ氏は、新方針は、執行される側の人々には恥辱であり、この国の民主的価値観を無視するものだと、拒否。他の委員も、政府は深刻な政治的過ちを侵した指摘した。

解散が予定される委員会は、二つの代案を提案している。第一は、男女平等事務局のような統合事務局の設立、第二は、より手っ取り早く安価な手段として、統合のオンブズマンをの任命だ。

委員会の批判は、木曜ベルンで開かれたスイス市連合の会合の応援を受けている。スイス市連合も、予算を1500万スイスフランから500万スイスフランに削るという決定に反対している。

批判の集中砲火を浴びながらも、メツラー司法・警察相は、強きの姿勢を崩さない。

約700万のスイス人口の5分の1は、外国人だ。この国は伝統的に非スイス人人口が多く、また非スイス人の人口増加は継続的であるが、移民制限を求める民衆の発議は常にある。70年代初めに最初のこの問題の国民投票が行われて以来、政府は反外国人勢力の要求と、労働者を欲する工業・商業部門とのバランスのコントロールに腐心している。連邦外国人委員会は、外国人居住者とスイス人の軋轢を解消するための政府の機関の一つだった。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。