Navigation

スイス政府、平和維持部隊派遣時の武器携帯許可へ前進

連邦審議会は、危険地域で平和維持活動に従事する連邦陸軍兵士への護身用の武器携帯の許可に向けて意見を調整している。

このコンテンツは 2000/01/27 17:23

連邦審議会は、危険地域で平和維持活動に従事する連邦陸軍兵士への護身用の武器携帯の許可に向けて意見を調整している。

The Graduate Insutitute of International Studies in Geneva(ジュネーブ国際関係学大学院)のキース・クラウゼ氏は、武器携帯勧告はすでにコソボなどに派遣されている部隊には適用されないと言う。しかし、審議会の決定は、スイスが少しずつながら多国参加の平和維持活動への有意義な参加へ向かっている証で、政治的にとても意義深いと評価する。

しかしながら、議会を通して承認されるまでには、強硬な反対にあうことが予想される。スイスの主要政党はこの件に関して二分され、また党内でも各派入り乱れている。キリスト教民主人民党は、最も有力な賛成派だ。同党報道官のパウル・ヴェルバー氏はスイス人部隊は自己防衛の権利があると主張。「平和維持活動に参加することは、中立性を犯すものではなく、政府の方針を支持する。」と、言う。一方、スイス人民党内のある派閥は、平和維持活動への参加そのものに反対している。同党のイレーヌ・シェーレンブルグ報道官は、「この派閥はスイスは人道的援助だけしていればいいと言っている。」と言う。

国民議会は、春に決議を計るが、それで討論は終わるわけではない。スイス人民党の反対勢力は、連邦議会が武器携帯を承認した場合は、国民投票にかけて反対すると言っている。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。