Navigation

スイス、ロシアに汚職捜査書類引き渡し

ロシアのニコライ・ヴォルコフ特別調査官(写真)は、ロシアの大物実業家ボリス・ベレゾフスキーを有罪にする可能性のある調査報告書を受け取るため、スイスに到着した。

このコンテンツは 2000/07/26 12:00

ロシアのニコライ・ヴォルコフ特別調査官(写真)は、ロシアの大物実業家ボリス・ベレゾフスキーを有罪にする可能性のある調査報告書を受け取るため、スイスに到着した。

スイスはヴォルコフ特別調査官から、ベレゾフスキーがロシア国営航空会社アエロフロートから7億ドル(16億スイスフラン)を横領した疑惑と、ベレゾフスキーが創立に協力したスイスの金融サービス社Forus、Andavaの2社を通して資金洗浄した疑惑の調査協力の依頼を受けた。

スイス連邦検察局のヨルグ・ブラサー報道官によると、ヴォルコフ特別調査官は28日までスイスに滞在し、書類の引き渡し、スイス検察および警察関係者との会議を行う。スイスが今回引き渡す書類は、Forus、Andavaに関するファイル200冊だ。残りの400冊から500冊の書類は、スイス当局がコピーを取った後、ロシアに送られる。

ロシアのマスコミは、約600kgの書類輸送のため特別機を出すべきだと報道したが、ブラサー報道官は安全保障上の理由により却下した。

24日スイス連邦裁判所は、ベレゾフスキーの書類公開阻止と、アエロフロート資金を横領したものだと訴えられている資産の公開阻止の要請を拒否した。また、アエロフロートの元副社長ニコライ・グルシュコフの同様の要請も、25日連邦裁判所が却下した。

ベレゾフスキーはForus創立者の1人で、1997年までAndavaの役員を務めた。2社はアエロフロートと取引関係があった事は認めたが、容疑は全面否定している。

先週ベレゾフスキーは、ロシア議会議員を辞任、引責免除特権を失った。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。