Navigation

スイス、中国と合意協定署名、中国のWTO加盟承認へ

連邦政府は、スイスの中国WTO加盟承認の障害となっていた諸問題を解決する合意協定に署名したと発表した。(WTOロゴ)

このコンテンツは 2000/09/26 16:16

連邦政府は、スイスの中国WTO加盟承認の障害となっていた諸問題を解決する合意協定に署名したと発表した。(WTOロゴ)

パスカル・クシュパン経済相は、ジュネーブの世界貿易機関(WTO)本部で、中国との合意協定に署名したと発表した。合意協定は、今月初めのオギ大統領訪中の際の江沢民主席との首脳会談での主要な議題だった。

合意協定の内容は公表されていない。スイスは中国の保険、時計、および観光での大規模な市場参入を狙っており、長年中国政府とライセンス、関税引き下げ等の問題で交渉を続けていた。

スイスは、中国のWTO加盟を承認していない数少ない国の1つだ。

このストーリーで紹介した記事

JTI基準に準拠

JTI基準に準拠

おすすめの記事: SWI swissinfo.ch ジャーナリズム・トラスト・イニシアチブの認証授受

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?