ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

スイス、在東エルサレム・パレスチナ調停事務局撤去へ

ダイス外相

(swissinfo.ch)

イスラエルを訪問中のジョセフ・ダイス外相は、スイスが東エルサレムに置いているパレスチナ調停事務局をめぐる両国の外交争議を終結するため、同事務局を閉鎖する計画だと述べた。外相発言の背景には、イスラエルからスイスへ撤去要請があった模様。

27日ダイス外相は、26日の会談の際シャロン首相からエルサレムのスイス調停事務局については「一言発言があった」のみで閉鎖要請はなかったと、イスラエルからの圧力を否定しようとした。が、会談後イスラエル側が発表した声明では、東エルサレムにスイス調停事務局が総ンすることはオスロ平和合意に反すると明記しており、報道関係者によると会談の際シャロン首相が事務局撤去を要請したことは明白だという。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

×