Navigation

ツーク事件後、政府施設および政治家の警備強化

銃乱射事件直後のツーク州議会、9月27日 Keystone Archive

14人の犠牲者を出した9月27日のツーク州議会銃乱射事件後、連邦および各州警察は、政府施設の警備強化、要注意人物リスト作成など、同様な事件の再発予防策に着手している。

このコンテンツは 2001/10/22 10:09

9月27日定例議会開催中のツーク州議会に警官を装った男が侵入、銃を乱射し手投げ弾を爆発させ州議会議員11人、州閣僚3人の計14人が即死した事件以後、警察は様々な大量殺人事件予防策を講じている。先ず、政府施設の警備が強化された。首都ベルンの連邦議事堂では、見学者は議事堂の外で私物を全部預け、入口に設置された金属探知機を通らなければならなくなり、挙動不審者の入場は拒否されるようになった。同時に、各連邦議員の身辺警護の再検討が行われている。チューリッヒ州庁の3棟の建物は、今では警官が警備にあたる4つのメインエントランスからしか出入りできなくなった。また、イタリア語州のティチーノでは、会議場に議員と傍聴者を隔てる仕切りが設置された。

また、ルツェルン、ヴォー、シュビーツの各州では、ツーク事件の直後、政治家に危害を与えそうな要注意人物のリストが作成された。ルツェルンでは、すでにリストに基づき2人が逮捕された。が、個人情報保護協会のマルクス・シーゲンターラー会長は、このようなリストの作成には当局は慎重にあたるべきだと懸念を表明している。シーゲンターラー会長は、警察は言葉や武器での脅迫を行った事のある人物のみをリストに掲載するべきだとしている。

マーク・シュトゥッキ連邦警察報道官は、ツーク事件後、連邦議会や各州議会への脅迫状が急増したが、事件と関わりがあるかどうかは断定できないとしている。連邦警察は事態を真剣に受けとめ、脅迫状や不審な郵便物を受け取った議員は速やかに警察に届ける事になっている。

ところで、9月27日の銃乱射事件で11人の議員を亡くしたツーク州では、補欠議員の選出に追われている。急進党は6人、キリスト教民主党は5人の議員を一瞬にして亡くした。従来の補欠議員選出規制に基づき、6人は選挙、残りは暗黙の諒解によって選出される事になりそうだ、

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。