Navigation

ナポレオンの死因 胃癌説をスイス研究者が支持

ナポレオンの死因はこれまでも多くの論争を巻き起こしてきた。 RDB

バーゼル大学(解剖病理学)のアレクサンドル・ルグリ教授らの発表によるとナポレオンの死因はヒ素による毒殺ではなく、やはり当時の発表どおりの胃癌だったという。

このコンテンツは 2005/05/14 09:29

この毒殺説を否定する発表を受けて、ナポレオン専門の歴史家、アラン=ジャック・トルナーレ氏にインタビューをした。

「胃癌と消化管上部の出血により死亡」というのがバーゼル大学の研究チームによる結論。研究はバーゼル大学病院(解剖病理学)ルグリ教授が率い、チューリヒ大学の医学歴史研究所やアンドレア・コッブ医師、ミロ・ホルチッチ医師らが加わった。

研究結果

ナポレオンはワーテルローの戦いに敗れてから6年後の1821年5月5日、流刑されていたセントヘレナ島にて51歳で死亡した。

研究はナポレオンの最後の5ヶ月で体重が11キロ以上も激減していることを確認した。1804年から1821年までに使用された9着のズボンから腹の脂肪の厚さを計算し、体重を出したもの。また、ナポレオンの主治医も皇帝の腹回りを記録していた。

身長167センチのナポレオンの体重は1804年には67.8キロ、1815年には82.5キロ、1820年には最高の90,7キロだった。しかし、死亡時の1821年には75.7キロまで減っていた。今回研究チームは「この体重の激減は1820年の秋頃から胃の悪性腫瘍に掛かっていたからだ」と診断した。

ヒ素中毒説は?

これは「ナポレオンが胃癌を患っているには太りすぎ」という毒殺説を支える議論の一つに答えるものになった。毒殺説はナポレオンの遺体から採取された髪に通常の何十倍ものヒ素が検出されたことから、1961年にスウェーデン人医師が言い出したもの。その後、多くの支持を受けてきた。

これに対してルグリ氏らは「当時、ワインの樽を洗うのにヒ素を使用していたため、大のワイン好きだったナポレオンの体内にヒ素が検出されてもおかしくない」という見解を示している。

以下、ナポレオン専門の歴史家、アラン=ジャック・トルナーレ氏のインタビュー。

swissinfo: バーゼルの研究者によるとナポレオンの死因は確かに胃癌だったと言います。これに対してどうお考えですか?

新しい技術を使用するのは大切なことです。今日の歴史家が考古学者、化学者、生物学者などと対話をするのは重要なことです。

これによって、歴史的人物に近づくことができます。ナポレオンのように伝説的な人物にとっては特に当てはまるでしょう。

swissinfo : ナポレオン伝説はどのように造られたのでしょうか?

先月亡くなった、ヨハネ・パウロ2世を思い出しますが、ナポレオンは自分の人生も死も巧みに演出しました。ナポレオンの側近らはセントヘレナ島の英国人達を悪だまに仕立て上げ、伝説が造られたのです。

英国人がナポレオンを毒殺したという考えは英仏関係を悪化させました。ナポレオンを被害者にすることが英雄化するのに最も有効な方法でした。

これはナポレオンという人物の性格にピッタリです。彼は敗北の責任を常に他人になすり付けてきました。ナポレオンは類まれなコミュニケーターで宣伝の王者でした。

ナポレオンはフランスを彼が受け取った時よりも小さく残し、崩壊しました。これが後世の名声に具合が悪いので、流刑されたセントヘレナ島で“被害者”として姿を残したかったのでしょう。

swissinfo : 超人的なナポレオンが単なる病気で死亡したということがナポレオン伝説に影響があると思いますか?

いいえ。伝説ほど壊れにくいものはありません。白馬に跨りサンベルナール峠を越えるナポレオンのイメージのほうが大衆には強いでしょう。

swissinfo : ナポレオンが今日でも人々を魅了し続けているのは何故でしょう?

王様は次々、世襲して王位を授かります。ナポレオンは何処の馬の骨かも分からない、全く何もないところから出てきました。この偶発的な特殊な運命に惹かれるのでしょう。

このような人の死を受け入れるのは難しいのです。我々の想像では死ぬことが許されない人なのです。彼の死が不当で矛盾していると思いたいのです。

今の時代ではこのようなカリスマ性を備えた人物はあまりいません。ヨハネ・パウロ2世が死去したときの熱狂はこのよい例と言えます。

このように人々を結束させ、「こうありたい」と思わせる人物が必要なのです。もし、ナポレオンのような人物が存在しなくなってしまうのなら、創造しなければならないでしょう。


swissinfo インタビュー、ラファエル・ドンゼル 屋山明乃 まとめ

補足情報

<ナポレオン・ボナパルトまたはナポレオン1世(1769年〜1821年)、フランス皇帝>

-これまでナポレオンの死因については胃癌説とヒ素毒殺説などがある。

-ナポレオンは百日天下の後、ワーテルローの戦いで破れ、大西洋の孤島セントヘレナ島に流刑(1815年)に合い1821年に死亡した。

-当時、ナポレオンの遺言どおり、主治医とイギリス人医師らが解剖を行い、死因は胃癌と発表された。

-1955年、ナポレオンの看護をしていたルイ・マルシャンの日記を子孫が発表。

-これを受けて1961年スウェーデン人医師のステン・フォルシュフードが「ナポレオンは毒殺か?」を出版。マルシャンの日記に綴られているナポレオンの末期の症状がヒ素による中毒症状と似ているとして毒殺説を提唱。遺体の髪から通常の数倍のヒ素が検出された。

-1994年、モンペリエ教授が「ナポレオンの暗殺者」でナポレオンを毒殺したのは長年の部下、ド・モントロン伯(妻がナポレオンの愛人だった)だという説を発表した。

-なお、ナポレオンの父親も胃癌で死亡している。

End of insertion

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。