Navigation

パレスチナ自治政府高官スイス訪問

スイスを訪問中のナビル・シャー・パレスチナ自治政府国家計画相は、21日ベルンでジョセフ・ダイス外相と会談し、ジュネーブ条約第4条約の「戦時における楓ッの保護」の施行に関する会議の早期開催を要請した。

このコンテンツは 2001/05/22 11:19

シャー計画相の要請に対しダイス外相は、スイスはジュネーブ条約に関する国際会議を開催することはすでに決定しており準備中だが、会議が和平プロセスの妨げにならないようにすることが重要だと述べた。ダイス外相は、より多くの国が会議に出席することを望んでいるが、米国とイスラエルが会議開催に強く反対している。また、シャー計画相との90分間の会談で、ダイス外相は、ヨルダン川西岸とガザ地区のパレスチナ人民に対するイスラエルの軍事力行使を批判し、イスラエルのジュネーブ条約侵害を非難した。さらに、パレスチナ人居住区からのイスラエル軍撤退、イスラエル人の入植停止、和平会談の再開などヨルダンとエジプトが提唱する和平プランが実施されることを希望すると語った。

シャー計画相はダイス外相との会談後ジュネーブを訪問し、ヤコブ・ケレンベルガー赤十字国際委員会総裁と会談した。会談後、赤十字国際委員会スポークスマンは、深刻な人権侵害が行われている占領地区でのユダヤ人入植地の総ンは、ジュネーブ条約第4条約の侵害だと発言した。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。