Navigation

ホロコースト時代の未払い保険受取人捜索キャンペーン開始

1920年から1945年の間の、未払い保険金の正当な権利を持つ受取人を捜している国際委員会が、世界規模のキャンペーンを開始した。

このコンテンツは 2000/02/17 15:16

1920年から1945年の間の、未払い保険金の正当な権利を持つ受取人を捜している国際委員会が、世界規模のキャンペーンを開始した。

「ホロコースト時代の保険金請求のための国際委員会」(International Commission on Holocaust Era Insurance Claims - ICHEIC)は、イスラエル、旧ソ連邦諸国、欧米の約70カ国で、4ヵ月間の大キャンペーンを展開する事が、委員会会長で、前米国務省長官のローレンス・イーグルバーガー氏によってワシントンで発表された。

キャンペーンは、先ず各国の新聞全面広告で始められる。広告を見て、該当すると思った人は、新聞紙上に明記された無料電話番号に電話をすると、調査が開始されるシステムになっている。調査結果による決定は、委員会が設定した規約に則って、当時契約した保険会社が下す。が、決定に不満があった場合は、調停にかけられる。

第2次大戦後、多くの保険契約は消失、破壊または没収され、あるいは未払いのままだ。ICHEIC は、これらの保険の請求を迅速かつ公正に処理するため、全米保険監督官協会、欧州監督官、ユダヤ人組織代表、イスラエル政府、保険会社によって、1998年に創設された。保険会社のうち5社は、スイスのチューリッヒ生命、ウィンタートゥールの2社と、、ヨーロッパのアリアンツ、ジェネラリ、アクシアの3社。

ICHEICの役員ニール・シャー氏は、数週間のうちに、委員会は未請求の保険のリストをインターネットのサイトで流すと言う。約10、000人ほどの氏名が公開されると予想されるが、リストは完璧とは言えないと、言っている。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。