マッターホルンの標高、ハイテクで確認

スイスで最も有名な山マッターホルンは、標高4477.54メートルであることが、イタリアの科学者によってサテライト・テクノロジーを用いて確認され、1920年のスイスによる計測を承認された。

このコンテンツは 2000/01/21 18:18

スイスで最も有名な山マッターホルンは、標高4477.54メートルであることが、イタリアの科学者によってサテライト・テクノロジーを用いて確認され、1920年のスイスによる計測を承認された。

ツリン大学のイタリア人教授は、サテライト計測システム、グローバル・ポシショニング・システム(GPS)そ用いて、かの有名な頂上は、4478メートルであると確認した。

ヴァリス州にあるマッターホルンは、GPSによって計測された第3の高山だ。昨年にはキリマンジャロ山が実際は2メートル低かったことが確認され、また、エヴェレスト山は昨年11月2メートル高かったことが確認された。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する