Navigation

メツラー司法・警察相、コソボ難民本国送還協定締結

コソボを訪問しているルス・メツラー司法・警察相は、コソボの国連管理当局とスイスからのコソボ難民本国送還に関する合意協定を締結した。

このコンテンツは 2000/04/08 16:09

コソボを訪問しているルス・メツラー司法・警察相は、コソボの国連管理当局とスイスからのコソボ難民本国送還に関する合意協定を締結した。

木曜、メツラー司法・警察相は既にスイスから帰還した元難民達の代表と会談し、スイスに残るコソボ難民に対し、コソボ州の全体的な状況は半年前に比べて大幅に改善されたとして、自発的な帰国を呼び掛けた。

スイスの本国送還政策は多方面から批判されている。スイス赤十字は、不発地雷の危険性を考慮し、5月末の期限を延長するよう政府に要請している。国連コソボ管理当局は、現在でも失業率80%の地への大勢の難民の一斉帰還を憂慮している。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。