ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

ユネスコ世界遺産

国際連合教育科学機関 ( ユネスコ ) が「非常に普遍的な価値がある」とし、保護と維持を目的に認定したもので、文化遺産、自然遺産、またその両要素を含む複合遺産に分類されている。     
1972年にユネスコ加盟国は、世界遺産リストを作成することに合意し、世界遺産条約を締結した。各国は自国の領域内にある世界自然遺産地区と世界文化遺産地区を保護する義務がある。
今日、世界遺産リストには140カ国以上にわたり、およそ900もの世界遺産が登録されている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

×