ユネスコ世界遺産

このコンテンツは 2009/10/14 10:42

国際連合教育科学機関 ( ユネスコ ) が「非常に普遍的な価値がある」とし、保護と維持を目的に認定したもので、文化遺産、自然遺産、またその両要素を含む複合遺産に分類されている。
1972年にユネスコ加盟国は、世界遺産リストを作成することに合意し、世界遺産条約を締結した。各国は自国の領域内にある世界自然遺産地区と世界文化遺産地区を保護する義務がある。
今日、世界遺産リストには140カ国以上にわたり、およそ900もの世界遺産が登録されている。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する