ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

世界215主要都市生活の質比較:チューリッヒが1位に

ロンドンのコンサルティング社William M Mercerの世界215都市衰�のクオリティー比較調査の結果が26日発表され、チューリッヒがバンクーバー(カナダ)と共に1位に選ばれた。

この調査は世界215都市を対象に、政治、経済、環境、安全、医療、教育、交通機関、自然災害の頻度など39項目を比較するもので、毎年行われており企業の国外居住手当ての計算や、従業員の海派遣先の決定に利用されている。

今年は1位がバンクーバーとチューリッヒ。3位はウィーン(オーストリア)、4位ジュネーブ、コペンハーゲン(デンマーク)、シドニー(オーストラリア)。また首都ベルンはフランクフルト、ミュンヘンのドイツの2市と共に9位にランクされ、トップ10にスイスの3都市が入った。

日本は東京がルクセンブルグ、モントリオール、トロントと共に19位でアジア最高、横浜27位、神戸がシンガポールと共に35位と、かなり上位にランクされた。

他にはパリが33位、ロンドン40位、ニューヨーク44位、モスクワは157位。


リンク

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

×