Navigation

世界215主要都市生活の質比較:チューリッヒが1位に

ロンドンのコンサルティング社William M Mercerの世界215都市衰�のクオリティー比較調査の結果が26日発表され、チューリッヒがバンクーバー(カナダ)と共に1位に選ばれた。

このコンテンツは 2001/02/27 14:40

この調査は世界215都市を対象に、政治、経済、環境、安全、医療、教育、交通機関、自然災害の頻度など39項目を比較するもので、毎年行われており企業の国外居住手当ての計算や、従業員の海派遣先の決定に利用されている。

今年は1位がバンクーバーとチューリッヒ。3位はウィーン(オーストリア)、4位ジュネーブ、コペンハーゲン(デンマーク)、シドニー(オーストラリア)。また首都ベルンはフランクフルト、ミュンヘンのドイツの2市と共に9位にランクされ、トップ10にスイスの3都市が入った。

日本は東京がルクセンブルグ、モントリオール、トロントと共に19位でアジア最高、横浜27位、神戸がシンガポールと共に35位と、かなり上位にランクされた。

他にはパリが33位、ロンドン40位、ニューヨーク44位、モスクワは157位。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

JTI基準に準拠

JTI基準に準拠

おすすめの記事: SWI swissinfo.ch ジャーナリズム・トラスト・イニシアチブの認証授受

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?