Navigation

冬季ユース五輪、スケート選手がリハーサルで重傷

冬季ユース五輪2020の一部競技が行われるローザンヌのスキー場 Keystone / Valentin Flauraud

ローザンヌで9日開幕する冬季ユース五輪で、ロシア人の女子フィギュアスケート選手(35)が開会式のリハーサル中に大けがを負う事故があった。

このコンテンツは 2020/01/09 10:37
Keystone-SDA/AP/ds

スイスの通信社Keystone-SDAによると、この選手はドイツ在住。7日、市のメインホッケースタジアムで、天井に取り付けられたケーブルで空中に吊り上げられていたところ、バランスを崩し5メートル下の氷のリンクに落下した。地元警察は、命にかかわるけがだとしている。

開会式は9日夜、予定通りこのホッケースタジアムで行われる。

警察が事故原因を調べている。

今大会は1880人の選手が参加する。うち112人がスイス代表。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。