Navigation

仏法廷、ロシア船を解放、スイス企業に賠償金命令

ロシアの練習用帆船セドフは、ロシア政府とスイス商社ノガの紛争のため、7月中旬からノガに押収されていたが、仏法廷はセドフを解放し、ノガに賠償金支払いを命じた。

このコンテンツは 2000/07/25 10:35

ロシアの練習用帆船セドフは、ロシア政府とスイス商社ノガの紛争のため、7月中旬からノガに押収されていたが、仏法廷はセドフを解放し、ノガに賠償金支払いを命じた。

ノガ社は、ロシア政府に対し6、300万スイスフランの未払金支払いを要求、7月13日練習船セドフを仏ブレスト港で押収した。

ブレスト裁判所は、世界最大の帆船セドフの所有者ムルマンスク工科大学は、ロシア政府の負債を支払う義務はないとの判断を下した。そして、セドフを解放を命じ、同船は即刻母港ムルマンスクを目指して出航した。一方、ノガ社に対し、ムルマンスク工科大学に対して7万ドルの賠償金支払いを命じた。

判決に対しノガ社は、上訴する構えだ。ノガ社は、セドフの所有者は自治的な母体ではなく、ロシア国家そのものだと訴えている。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。