Navigation

増える外国人児童と学級対策

4日発表された国立科学調査財団のレポートによると、一般に教師はスイス人児童にくらべ移民の子供達に低い評価を下すという事実が判明した。また、外国人児童の増加に伴い特別学級が設けられ、スイス人児童から隔離されているケースが多いことも明らかになった。

このコンテンツは 2000/10/05 11:14

4日発表された国立科学調査財団のレポートによると、一般に教師はスイス人児童にくらべ移民の子供達に低い評価を下すという事実が判明した。また、外国人児童の増加に伴い特別学級が設けられ、スイス人児童から隔離されているケースが多いことも明らかになった。

フリブール大学教育学研究所は、独語圏スイスとリヒテンシュタインの通常学級、外国人特別学級の児童2000人を対象に、両グループの学習程度を比較した。

調査の結果、外国人児童達のドイツ語学習は、スイス人児童らと直接交わることによって伸び、また、外国人児童の存在が、スイス人児童の学習向上に役立つという事がわかった。

20年前にくらべ、外国人特別学級に通う子供達は3倍になり、また外国人児童の多いクラスのスイス人児童は20%以上減少したという。移民の子供達の学級対策は、州によって違う。が、一般的に、教師の下す移民の子供達の評価は、スイス人児童に比べ低いという事も、調査から判明した。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。