ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

夏の熱気、アルプスのリゾート地にまで

2006年、アイガーで大規模な岩崩れが起こったあと、周辺のトレッキングコースが閉鎖された

(Keystone)

気候の変化は、冬のアルプス観光のあり方を変えるだけではない。その影響は夏の山岳リゾート地にも及ぶ。

気温が上昇すれば、自然災害が増え地形が変化しやすくなる。だが、観光客の増加につながる可能性もある、と専門家は言う。スイスのリゾート地は気候の変化にどう対応するのか。

 「アルプスで冬期の雪線が上昇すれば、標高の低いリゾート地は廃業に追い込まれるだろう」というのが大方の予想だ。しかし、地球温暖化の影響は、夏の山岳地帯にとってそれほどひどくはないのかもしれない。

プラスとマイナス

 「気候の変化はスイスの山岳リゾート地にとってチャンス」と言うのは、ザンクトガレン大学の観光専門家トーマス・ビーガー氏だ。「気温が上昇すれば、涼しい山岳地へ出かける機会が増えるでしょう」 

 そして、より乾燥した気候も観光にプラスに働くのではないかと推測する。2050年ごろのスイスの夏の気温は1990年に比べて3度上昇、降水量は20%減少する、というのが科学者たちの見方だ。しかし、問題点も報告されている。アルプスに欠かせない観光アトラクションの氷河がすでに溶け出しているのだ。

自然災害

 氷河の溶解は地形の変化をもたらし、その結果、洪水や地すべりなどの自然災害が増加する。 

 ベルン大学は最近、ベルナーアルプスのリゾート地の依頼で調査を行い、現地の当局は先見の明をもってこのような危険に対処するべきだと警告した。 

 調査結果によると、これからは観光客の安全を保証し、交通網を維持するための危機管理やリスク分析が非常に重要になってくるという。緊急時の広報活動も促進されなければならない。 

 また、政府は今年3月、夏の人気も冬期に予想される損失をカバーしきれないと報告している。「これらのリゾート地は、観光地としての魅力を保つために新しい条件に適合しなければならない」し、「気候や地形に起こりうる変化はすでに計画の段階で考慮されるべき」なのだ。 

反応

 アルプスと関わる州の多くは、これから訪れそうな難題に覚悟を決めているようだ。「いきなり自然災害が増えたら、それは確かに大打撃です。これまで凍っていた地域が溶け出したら、そこに何らかの対策を講じなくてはならなくなりますからね」と言うのは、グラウビュンデン州で観光部門を担当するハンスイェルク・トラヒセル参事官だ。 

 「しかし、準備は整えています。危険な要素はきちんと把握していますし、その地域にはこの先、強化された建物以外はいっさい建設されません。この効果は期待されますが、あとはもう見守ることしかできません」 

 だが、トラヒセル氏はこの温暖化が観光に有利に働くとも考えている。サンモリッツ ( St.Moritz ) やダボス ( Davos ) などの有名リゾート地があるグラウビュンデン州東部では、イタリアの町ミラノから夏の暑さやスモッグにうんざりした人々がすでにエンガディン地方の休暇地域へと殺到している。

半信半疑

 スイスのフランス語圏にあるヴァレー州でも状況はよく似ている。それでもこの地域が性急に対策を実行に移すことはないだろうと、けん制するのは観光を担当するジャン・ミシェル・チーナ州参事官だ。「気候の変化は警戒しなければならない現象ですが、これからすぐに何がどうなるという話ではありません。この地域の最大の問題は夏ではなくて冬。人工雪を降らせるための水が足りなくなるのです」 

 前出のビーガー氏も次のように語る。「気候の変化を受けて、ハイキングやスパなど『夏の製品開発』への意欲的な取り組みがすでに始まっています。企業も、安全確保などのための特別投資を進めています」 
 
 とはいえ、気候の変化の影響を正確に予測することはまだ不可能らしい。「不意に予想もしなかった影響が現れるかもしれません。中央ヨーロッパに寒冷化が始まらないとも限らないのです」とビーガー氏。 
 
 「ですから、今、あるシナリオに向けて準備を整えるのは無駄でしょう。今から30年、40年先がどうなっているのかわからないのですから」

swissinfo、イゾベル・ライボルト・ジョンソン 小山千早 ( こやま ちはや ) 意訳

政府のパネル報告

政府のパネル報告「気候の変化に関する顧問委員会 ( OcCC )」 は3月、2050年のスイスにみられる気温上昇の影響についてまとめた報告を発表した。その中では観光もテーマの1つとして取り上げられている。

この報告によると、夏がいっそう暑くなれば湖畔やアルプス地方にある観光地の人気は上昇する。だが一方で、雪不足のため標高の低い位置にあるスキー場が閉鎖に追い込まれる可能性もある。

アルプスのリゾート地へのアクセスは、極端な天候不順でより困難になる恐れがある。

雪不足と氷河の溶解はリゾート地の魅力を激減させかねない。永久凍土層が溶け出すと、山腹に固定されたスキーステーションやスキーリフトに影響が出るとともに、地すべりや岩崩れが起こりやすくなると予想される。

インフォボックス終わり


リンク

×