Navigation

スイス外相アフリカ訪問 グレンコア鉱山視察を封切りに

Keystone

スイスのイグナツィオ・カシス外相がアフリカ訪問の最初の視察地、ザンビアに到着した。5日間の視察にはジンバブエと南アフリカも含まれる。

このコンテンツは 2019/01/09 07:29

カシス外相は7日、モパニ銅山の視察を封切りにアフリカ訪問をスタートした。モパニ銅山の大株主はスイスに本社を置く多国籍企業のグレンコア。

外務省によると、同銅山がザンビア国内総生産(GDP)の15.4%を占める。外相はこの分野の労働と雇用の状況を自分の目で確かめたいと希望していた。

カシス外相は、工場を近代化し、若者を訓練する努力に感銘を受けたとツイッターで述べた。

外部リンクへ移動

スイス政府は11月、商品事業を営む企業のための人権ガイドラインを発表した。また、この分野で現在進行中の課題と新たな傾向を調査した報告書を発行した。これらの情報はスイスにとって戦略的に重要だ。

グレンコアは、スイスのツーク州に本社を置く世界最大の鉱山会社。コンゴ民主共和国の銅山とコバルト鉱山に関して、スイスの環境・人権団体から頻繁に批判を受けている。

今回の訪問は主に、南アフリカ3カ国と政治・経済関係を強化することを目的とする。

アフリカ滞在中、カシス外相は人道援助団体「スイス開発協力機構(SDC)」が支援するエイズ予防と治療のプロジェクトも訪問する予定だ。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。