Navigation

安全保障委員会、ダボスに軍派遣を決定か

政府が設置した安全保障委員会は、ダボスで今月27日より開催されるワールド・エコノミック・フォーラムの例会に軍を派遣するか否かを今日 18日決定する。

このコンテンツは 2000/01/19 17:34

政府が設置した安全保障委員会は、ダボスで今月27日より開催されるワールド・エコノミック・フォーラムの例会に軍を派遣するか否かを今日18日決定する。

安全保障委員会は、クリスマス前に決定されたスキーリゾートには軍を展開しないという原案にかかわらず、主要建物に軍を配置してほしいとのグラウビュンデン州政府の要請に同意することを期待されている。実現されれば、ダボス会議に初の軍派遣となる。

連邦政府は、ダボス会議は私的な行事であるとし、当初軍の派遣には消極的であった。が、クリントン米大統領とウラジミール・プーチンロシア大統領代行の会談が予定われている事から、見直しを検討している。

ジョセフ・ダイス外相とアドルフ・オギ国防相は軍の派遣に積極的な姿勢を示している。軍の存在があれば、グランビュンデン他から派遣される州警察は、代表者達の警護に専念できるとの見解を示している。

週末の花火攻撃により会議場の窓ガラスが割られた事件後、反グローバリゼーション勢力による会議妨害の恐れが強まっている。11月 WTOが開催されたシアトルを戦場と化したデモンストレーター達は、ダボスでも同様の試みを予想される。

ワールド・エコノミック・フォーラム役員代表は、本日記者会見を開き、議事の概要を発表する予定だ。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。