ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

次期米大統領にブッシュ氏:スイスの反応

米大統領選は、共和党のジョージ・ブッシュ・テキサス州知事が当選確実を決め、5週間の混迷にようやく終止符がうたれた。スイス政府はブッシュ政権との変わらぬ友好関係を希望している。

米大統領選は、共和党のジョージ・ブッシュ・テキサス州知事が当選確実を決め、5週間の混迷にようやく終止符がうたれた。スイス政府はブッシュ政権との変わらぬ友好関係を希望している。

連邦政府は、ブッシュ次期大統領に祝電を送り、新政権のもとで引き続き瑞米関係強化を希望すると述べた。連邦政府のルエディ・クリステン報道官は、ブッシュ政権は1月に開かれたダヴォスの世界経済会議で両国が確立した経済協力関係を強化することを期待すると語った。また、スイスの第2次大戦中の政策をめぐる外交上の緊張に関して、問題が解決された今、両国関係が悪化する要素はないと語った。さらに、スイス政府は、米新政権が現政権の外交政策を引き継ぎ、中東での和平交渉を進めるよう希望すると述べた。

一方、メデディアの反応は、少し冷ややかだ。「デル ブント」紙は連邦最高裁の13日の裁定を受け、判事の1人の言葉を引用し「司法の中立に対する国民の信頼が失われた。」とまとめた。またタブロイド紙「ブリック」は、「ブッシュ次期大統領は、まず分裂した国民をまとめなければならない。多くの米国民は民主主義に対する確信を失った。」とした。ジュネーブの「ラ テンプ」紙は「投票方式と集計方法を改善しなければならないが、1ヵ月もすればブッシュ次期大統領は彼自身の実績で評価されるようになるだろう。」と、前向きな米国人を冷静に分析した。「ノイエ チューリッヒャー・ツァイトゥン」紙はブッシュ政権移行チームが直面する問題の大きさを指摘、まず通常は2ヵ月は要する上院の承認を必要とする5、000人から6、000人の新スタッフの任命を大至急おこなわなければならない。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

×